2019年08月05日

しりとりは難しい

アメリカに来てから我が家の旅行はもっぱら車で行くロードトリップ。
その理由は、まだ小さいミンミンが飛行機の旅は無理だろう
というか、私たち親が飛行機に乗る小さいミンミンのお世話は無理だろう
というもの。

なので自分の住んでる州の中で行くロードトリップが私たちには都合がいい。

とは言っても私たちの住む州はは広いので
たまに車で4時間、
更にたまに別の州に行っちゃうときは6時間だったり・・・



飛行機で行った方が楽だったのでは・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・



という母の思いは無視して・・・



とにかくロードトリップ。

もちろん子供たちは車に乗った瞬間に

ひまー

と文句を言い始めます。

すると、もちろんガールズのパパが

うぅるぅさいっ!

と、なぜか巻き舌になって切れ始めます。


・・・・・・・・・・・・・・・・。



飛行機に乗った方が楽だったのでは・・・・



という母の想いは無視して・・・。



そんなとき、
なんとか場を、
電子機器を使わず楽しくしよう、と
まだ地球に恐竜が住んでいた大昔に
自分が家族とロードトリップをしたときのことを
思い出し、

シリトリしたい人〜!

と誘いをかけます。


「やだ」
と、
そっこう拒否するのはミンミンなのだけど

ポコ姉さんは

「いいよ」

と言ってくれたりします。

ミンミンにはシリトリのコンセプトがまだ難しいので、
説明をしてあげて、

暇よりいいでしょ、と
無理やり開始。


そんなあるロードトリップ中のシリトリの風景。


ポコが「ち」で終わる言葉を言うと

ミンミンが自信満々で

「とまと!」

と叫んだ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ミンミンはまだ小さいから仕方ない。
「ち」から始まらないし

とりあえず

トマトは「ち」から始まらないよ、と
説明すると

「じゃあトマトちゃん!」


・・・・・・・・。


ミンミンはまだ小さいから仕方ない。
「ち」じゃないし
「ん」で終わっちゃったし。


そのあと、

「し」から始まる言葉で
悩んでしまったミンミンに、

普段は「シーちゃん」と呼んでいる
ミンミンの大好きなお友達のお名前の
「シオリ」はどうかと家族の誰かが提案すると

それに納得したミンミンは


「わかった、『しーちゃん』」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ミンミンはまだ小さいから仕方ない。
また「ん」で終わっちゃったし。



そこから続いたシリトリの何回目かの後、

ポコ姉さんが

「ラマ」

と言いました。


するとミンミン

「ラマさん でいいじゃん」

とポコ姉さんにダメ出し。

「ん」で終わっちゃうでしょ、

と姉さんが説明すると

「いいじゃん ラマさんで」


でも「ん」で終わっちゃうでしょ、と言うと

「ラ・マ・さ・ん!」
とラマさんを推しまくる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・。




ミンミンはまだ小さいから仕方ない。
なぜそこまでしてラマに「さん」をつけたいか。
なぜそこまでして「ん」で終わらせたいか。


その更に何回目かの後、

「け」

で始まる言葉を探すことになったミンミン。

なかなか言葉が出てこないけれども
自分で探すと言って提案も聞かず、
参加者全員がいい加減暇になってきたころ、

ミンミンが自信満々に言い放った。


「わかった!フサフサ!」



・・・・・・・・・・・・・。






ミンミンはまだ小さいから仕方ない。
確かに「毛」は「フサフサ」ですが。



結局

「毛」

で落ち着く。



そしてついにクライマックス。

「ま」

から始まる言葉を探すポコ姉さん。

これまた自信満々に

「マシン!」

と叫ぶ。

その瞬間

「ん」

で終わってることに自分で気づいた姉さん。


「じゃなくて、マシンちゃん!」

と自信満々に叫ぶ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ポコ姉さんはまだ小さいから仕方ない。
いや、違う



なんでも

「ちゃん」

をつければいいというものではない。


ポコ姉さんも
ミンミンも
どうしてもシリトリを
「ん」
で終わらせたいのでした。


そんな私たちのロードトリップ。
いつになったらまともにシリトリをできるようになるのかな。

このままでも父と母は面白いからいいけどね。

posted by emi_tulip at 00:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

ほぼ一年ぶりの更新

鼻くそのことを

ハナスコ

と長いこと言っていたミンミンですが
ついに来月5歳になります。

月日が経つのが早い!

ミンミン母が仕事を始めたりと忙しく
全くブログを更新できなかった。。。
ポコ姉さんのときはちょくちょく更新していたのに
ごめんよ、ミンミン。
ブログの更新をしてもらえない・・・
これが二人目の使命なのか・・・。

とにかく、
そんな
もうすぐ5歳のミンミンは
メープルシロップのことを

メートルシロップ

と呼んでます。

どんだけ長いシロップなのでしょう。

メープルとはっきり言えないミンミンですが
最近メキメキと英語力をつけています。

単語だけじゃなくて英語の文章で話してる!
パパが英語でミンミンに話しかけてみても通じない!
なぜかというと発音が悪いから

いや〜子供ってほんとすごいです。

そんなミンミンの去年の12月の勘違い

IMG_20181206_081437_.jpg

「ゆきのはな」
(雪の花)

朝顔です。

想像力豊かです。

子供ってほんとすごい。
posted by emi_tulip at 01:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

性別

我が子の性別を一瞬疑う。


CIMG5318_.jpg
ポコが図書館で自分で借りた本。

左から
「いちごばたけのちいさなおばあさん」
かわいいお話な予感。

「けがをした恐竜」
大昔の巨大爬虫類(?)の話だわ。

「へびのひみつ」
これも爬虫類だねぇ。(内容はけっこうグロい)

「じゅうりょくってなんぞだ!」
科学だねぇ。

「だんごむしうみへいく」
虫だねぇ。


ちなみにこの間は「タガメのひみつ」という本を借りて熟読してました。
そしてその前は
青虫の本を延長、延長、そして予約、で一月近く借りて熟読してました。
やっぱり虫だねぇ。

おかげで母は大変、虫に詳しくなりました。

いったい何歳女子になるまで
爬虫類や虫が好きでいるのでしょう。


娘の性別を疑う瞬間でした。

ま、でもなかなか独特で、いいセンスしてるかな。
将来に期待。






posted by emi_tulip at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

体操教室でのポコ

今年からポコは体操教室に通ってるんだけど

ポコはそこの若いお兄さん先生たちが大好き。

いや、

「大好き」

なんてもんじゃない。

もう本当に


だいすき
フォントも36になっちゃうし
文字の色だって赤になっちゃいます。



教室に行く前はほぼ毎回

「体操教室きらい〜行きたくない〜」

とか言うくせに

いざ到着すると猛スピードで体操服に着替えて
更にスピードアップして教室まで走り
クラスが始まるまで教室の中でクルクル走り回り
始まってもクルクル走り回ってる。

そしてそのクルクル走り回ってるときと体操してるときの間は
若いお兄さん先生たちにからみまくり

ベタベタ体を触るわ

手をつなぎに行くわ



いつか警察につかまる・・・
と、母は苦笑いしながらガラスの向こう側に座って
やっぱりベタベタ先生たちを触りまくってるポコを眺めるのであった。
もちろん逆上がりやら側転やら跳び箱やらしてる雄姿も見れるけど

そんな逆上がり逆セクハラポコは
クラスが終了した後も
若いお兄さん先生たちにベタベタからみ
先生たちは優しいので、そんなポコと体をはって遊んでくれる。

それはそれはポコの姫魂をくすぐってくれるので
「着替えて帰ろう」と言っても
召使ママのことなんかちっとも聞いてくれない。

それを察してくれる素敵な先生たちは

しばらくすると
「ポコ着替えてきな」
などと言って促してくれる。

この間も先生にそう言われ
私も
「先生にかわいい服見せてあげな」(ママが選んで持ってきた服はジーンズだけど・・・と言う思いは無視して)
とポコの気分を盛り上げると
「わかった」
とようやく着替えに行ってくれた。

そんな姫ポコはやっぱり猛スピードで着替え、
召使ママのことなんかお構いなしで
ヒューっと飛ぶように更衣室から出て行ってしまった。

大急ぎで後を追うと
「着替えてきた〜でもジーンズだけど・・・」
と、先生の前で予想通りがっかりするポコ。

『やばい、ポコがキレるかも』アラートが頭の中で鳴ったその瞬間
先生が気を使って

「ポコかわいいよ」

と一言。

そして

「先生もいつもジーンズだしね。先生、ジーンズとかそういう格好結構好きだよ。」

と。

せんせーい、なんて気が効くの〜、とポコじゃなくて私が先生にベタベタしたくなったところで
ポコがいきなり
「ねーママこれ読んで」
と絵本を差し出した。

ポコ、先生のコメント無視
フォント18くらい、色はまだ黒
ちなみに持ってきた絵本は「月に代わっておしおきよっ」の「せーらーむーん」

その横で先生はまだ気を使って
「先生はね〜西海岸風の格好とかね、けっこう好きよ」
と、続けてポコの気分を盛り上げようとしてくれたところで

ポコは

「ね〜ちょっと うるさいんだけど」

と先生に一言。


なんて恩知らずな
フォント36、色は赤


そして
「ねー早く読んで」
と召使ママに命令するのでした。



そんなポコが差し出した本は


実写版絵本「美少女戦士セーラームーン」・・・・。



こんな恥ずかしい絵本を若いお兄さん先生の横で読ませるのかポコよ

と、ちょっと小さめな声で「私の名前は月うさぎ!」とか読むと


「ねーちょっと聞こえないんだけど」

とコメントされた。


てな感じで・・・


5
歳になっても

誰の前でも

姫パワー全開のポコなのでした。

そして母は相変わらず召使扱いなのでした。

posted by emi_tulip at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

七夕のお願い

ポコが去年、幼稚園で作った七夕の短冊に書いたお願いは

 

「まいにち げんきに ようちえんに いけますように」

 

でした。

 

ほんとに自分で考えたの?って感じでしょ。

いまだに信用していない私。

でもポコは、このお願い事で

幼稚園全体でする七夕祭りの最中に

クラス代表としてみんなの前で

自分のお願い事の発表をしたんですね。

 

 

そんな素敵な賢い年少さんだったポコ。

年中さんになった今年の七夕のお願い事は〜・・・・

 

 

 

 

 

どーん

ちょうちょになれますように

 

 

 

 

人間ですらない。

 

 

 

確実に脳内レベルが下がっています。

 

 

 

 

 

そんな


ちょうちょに憧れるポコさんは

七夕の前日に

 

「どうせおねがいしても ちょうちょに なれないんでしょ」

 

と私に言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかかわいそう!






と思った私は

なれなくて当たり前じゃん、虫だもん。という当たり前な思いはお腹へしずめ

何を思いたったか

ポコの協力のもと

こんなものを作ってみた。

CIMG4663_.jpg

ちょうちょの段ボール羽

 

 

それを去年のHalloweenの衣装用に作ったお花の妖精スカートと

ポコのカチューシャに黄色のモールをくるくると巻きつけて〜

butterfly.jpg

ちょうちょポコ完成!

ちょっと、我ながらかわいいじゃない!


しかし

ちょうちょのはずが何故か

これも去年のHalloween用に作った魔法の杖も持参。

これって・・・・

結局お花の妖精じゃないの?

という心の声はお腹にしずめておこう。

 

 

 

一生懸命作った甲斐ありまして

ポコはたいそうこの羽を気に入り

この姿でテレビを観たり

ご飯を食べたりして

何日か過ごしてました。

いや、ほんとママ作った甲斐あったよ。

 


 

 

 

 

し・か・し

 

 

 

 

 

その数日後にポコに言われたこと:


「やっぱり ポコ ちょうちょになれなかったね。」


がーん。

あんなに頑張って作ったのに・・・

相変わらず現実的なポコ。

 

 

 

 

そ・し・て

 



七夕から三週間ほどたった本日の段ボール羽の姿がこれ↓

CIMG4662_.jpg

どこに埋もれてるか分かるかな?



がーん。

あんなに頑張って作ったのに・・・。

相変わらずそっこうで熱が冷めたポコ。

ま、子供ってこんなもんよね。


 


でもこれではがんばって作った母としてはあまりにも悲しいので

たまーに

さりげなーく

リビングの床の上とかに段ボール羽を置いておくと


「これつける〜」


と言ってくれます。




し・か・し



やはりその日中に、こうなるけど↓

CIMG4662_.jpg

ま、子供ってやっぱりこんなもん。




さて、来年のポコのお願い事は何かな〜。

またちょうちょになりたいのときのために

しっかり段ボール羽を保管しておかないとね!←作るのけっこう大変だったからもう作りたくないだけ

今から来年のお願い事が楽しみ?な母なのでした。

続きを読む
posted by emi_tulip at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

一番好き質問

ポコは最近
「○○がいちばん すき」
と言うようになりました。


今までは「何が一番好き?」と聞いても

「いちばん って なに?」

と質問され

「ポコみーんな すきだよ?」

と、博愛精神満載なお答えが返ってきてました。


でもここんところは

「ポコはねぇミユちゃんとアヤナちゃんとトウくんがいちばんとってもすき」

「あ、ミサトせんせいもいちばんとってもすき」

などと言ったりするようになりました。


しかし私が「じゃあ○○ちゃんは?」

と聞くと

「んー・・・ちょっといちばんすき」

と分かるような分からないような返事がくるので

「一番好き」の意味がいまいち分かっていないようだけど

なんとなく物事にランクを付けるようになってきました。


ちょっとだけ大人に近付いちゃったような気がして寂しいけど、これも成長のうち。



そんなポコにパパがある日こんな質問をしました。


「ポコは、キキ(魔女の宅急便)とナウシカ(風の谷のナウシカ)とシータ(天空の城ラピュタ)だれが一番好き?」


全部スタジオジブリの映画のヒロイン。

 

 

 

なかなか難しい選択肢。



 

キキはホウキで空飛べるし

(ポコはよく玄関掃除用の箒で空を飛ぶ練習をしていた。

大きくなったら飛べるようになる?と大きくなったけど飛べない私に質問をしていた。)



ポコはナウシカのメーベを大きくなったら作ってくれると言っていたし

オウムの赤ちゃんを飼いたいとこの間騒いでいたし


「これヒコウセキだよ」と

プラスチックのハートのペンダントを

シータがつけている飛行石ペンダントにみたてて
シータになりきっているし
(しかしそのペンダントは「青いプリキュアの子になれる石」にもなる)




ポコは誰を選ぶんだろう。。。

なんて楽しく色々考えていたら


しばらく思考を巡らせていたポコが口を開き

あさっりとパパに告げた。



 



「アリエル」







CIMG4128_.JPG







ディズニーですけど?

それより以前に選択肢に入ってませんけど?



もうすぐ年中さんなポコの勝手ぶりは健在。


パパは

「人魚姫には誰も勝てないよね」

と妙に納得しておりました。


やはりポコにはまだ早すぎる「一番好き」質問でした。


 




余談だけど・・・

そんなポコさんは木曜から激しい腹痛と下痢で幼稚園を休んでおります。

でも食欲があって

「おなかすいた」

と言っては食べ

食べては

「おなか いたい」

と言ってましたが

幼稚園を休めて本人はニコニコです。

今日は土曜で幼稚園休みなので更に大喜び。


来月から年中さんなのに、大丈夫なのだろうか。

下痢よりもそっちの方が心配な母なのでした。

posted by emi_tulip at 13:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

ポコの歌

今日、幼稚園からの帰りの車の中で突然ポコが歌いだした。


曲名:シンデレラ(by母)

作詞作曲:ポコ

 



るんるんもしシンデレラが〜いなくなったら〜


だめなのよ〜(母の心の声:やっぱ女の子ね)


いきるためには〜母の心の声:おっといきなりシリアスね)


だめだめだめだめだめだめだめなのよぉ〜


だめだめだめだめだめだめだめなのよぉ〜


いーきるためには〜


もしシンデレラが〜いなくなったら〜


だめなのよ〜るんるん



 



 



 



 



 



 



母の心の声:

そんなにシンデレラが好きなのね

家にDVDあってよかったね、シンデレラの。

 

 


             

 

 


posted by emi_tulip at 17:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

魔女修行

ポコはよくお風呂につかりながらシャベルを使って
バケツにお湯を入れて
空想の調味料などでお湯を調理してお料理を作ってくれます。

たいてい甘い甘いケーキです。

さて、数日前
「はい、ママどうぞ、スープ」
とバケツを渡された。

何が入ってるのかと聞くと



「しろごまと オチンチンと オバケ」






・・・・・・・・・・・・・・・黒魔術?!

「あまくて おいしいでしょ?」
と言っていた。



将来の行く末がまたまた心配になった母でした。






posted by emi_tulip at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

アルプスのハイジ少女ごっこ

ここ最近のポコちゃんは
「アルプスの少女ハイジ」ごっこがお気に入り。



もちろんハイジ役は



 



・・・・私。



 



じゃあクララ役が・・・



 



・・・・それも私。



 



 



ペーター・・・



 



も私。



 



何故か



ユキちゃんもメー



 



ヨーゼフもワン



 



私。



 



じゃあポコは何役かというと



 



みんなの「お母さん」。





ちなみにこの家族には

「コロ」というやぎの赤ちゃんが三匹います。

三匹とも同じ名前なので「コロ」と呼ぶと三匹とも「メー」と言います。

 




そんなこんなのである朝の「アルプスの少女ハイジ」ごっこの様子をどうぞ。



 



ポコ:「さぁクララーハイジーペーターあさごはんですよ〜。」



私:「おかあさん、おはよう。いただきまーす。」



ポコ:「さぁユキちゃん、あさごはんんですよ。」



私:「めー」



ポコ:「さぁヨーゼフ、あさごはんですよ。」



私:「わん」



ポコ:「さぁコロ、あさごはんですよ。」



私:「わん。じゃなくてメー」



 



もうまぎらわしいっったら。



 





さて、そんなまぎらわしすぎる

「アルプスの少女ハイジ」ごっこの今朝の会話。



 



ポコ:「ペーターはだれと けっこんするの?」




朝から衝撃的。



私:「・・・・・・・(私の頭の中:ハイジ?クララ?いかにもすぎだよ)わかんない」






ポコ:「じゃあ おかあさんが きめてあげるわ。」



 



 



政略結婚?!

 



 



朝から衝撃を受ける私なのでした。

posted by emi_tulip at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

生命の不思議

ちょっと前からポコは

「ポコはだれから うまれたの」


とか、


「ママはだれから うまれたの」


などと聞いてくるようになりました。



私とパパの若かれし頃の写真を見ると必ず


「ポコちゃんはどこにいるの」


と聞いてくる。


まだ産まれてないんだよ、と言うと


「じゃあポコちゃんはどこにいるのーっ!」


とキレる始末。


ママだって分からないよーっ!とキレたいところだが

ここはグッとこらえて

「お空の上かな?」

とメルヘンな答えをしてみる。


しかしポコはそんな私の努力を一蹴して
「いないっ!やだぁー!」
と再度キレる始末。



そんなポコちゃんですが

今日、更に一歩踏み込んだ質問をしてきた。



「ママがポコちゃんの おばぁちゃんから うまれる まえ ポコちゃんはどこにいたの?」



 



うーん。難しい・・・



こういう難しい質問には質問で返すのが一番なので


ポコちゃんはどこにいたと思う?と聞くと


意外にあっさりと


「ホテルに いたんじゃない?ジイジと。」


と返答。



 



え。ジイジとホテル。



 



「あとユッコちゃんと」

ユッコちゃんはポコのパパの妹。
ママがポコちゃんのおばぁちゃんから産まれてなかったらユッコちゃんもまだバァバから産まれてないけど。


「それでさ、ママがむかえにくるの まってるんだよ。」

 

・・・ほぉ。




「ママ ひとりで むかえにくるから さみしいね。でもさ、パパいるからさ、さみしくないよね。」




・・・ほぉ。




なんか深いのかなんのか、よく分からない。

なんて答えようか、と悩んでいると


 



唐突に笑顔で



 



「ねぇママァー てれび みたい」



 



がくっ



 

なんなの質問しておいて。

もう少ししたら、ママのお腹の中にいたときのこと覚えてるか聞こうと思ったのにぃ。

 




相変わらず振り回されっぱなしのママと

自分中心なポコちゃんなのでした。




いや、しかし本当にどこにいたんだろうねぇ。
不思議だねぇ。本当に。
posted by emi_tulip at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

まだまだジコチューポコ

数日前のパパとポコの会話。


ポコ:「ねぇパパぁー『ねぇねぇポコちゃん』って いってー。」



パパ:「いいよー。ねぇねぇポコちゃん」



ポコ:「なにー?」



パパ:「・・・・・・・・・・・・・・・。」



 



 



 



えー?!終わり?!



 



 



 



 



数日前のママとポコの会話



 



ポコ:「ねぇままぁーじゃんけんしよー!」



ママ:「いいよー」



ポコ:「じゃぁさ、ポコがチョキ だすから ママ グーね。」



ママ:「え」「そんなのズルじゃん」というママの言葉は空しくかき消される。しかもポコ、自分負けに設定。

ポコ:「さいしょは ぐー!じゃんけんぽん!」




しばし沈黙





ポコはチョキ、ママはグー。ママの勝ちだよね?



ポコ:・・・・・やったー!ポコちゃんのかちー!飛び跳ねて喜ぶ。

 

 



えー?!そんな勝手な。



 



 



相変わらず自己中心的なポコなのでした。

posted by emi_tulip at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

メルヘンポコ

ポコがおたふくになったり
水ぼうそうになったりと

慌しく5月、6月が過ぎ

あっという間に7月に。


6日の夜に次の日が七夕だと気付き

七夕当日に慌てて飾り付けをした私ですが
天の川の話だけはなぜかポコに7月に入ってから毎日のようにしていたので

ポコは七夕に天の川を見るのを大変楽しみにしてました。


しかし。

例年のことながら当日夜は曇り。


何も見えないと大泣きするポコがかわいそうでした。



そんなポコになんで雲が出るのかと怒りの質問をされたので

怪しすぎる理科の授業の記憶を頼りに

「ママ版 雲や雨の発生」

の説明をしてあげると


雨の水は飲んでもいいのか

と聞かれた。


汚いから飲まないでね、雨の水はきれいにするまで飲めないんだよ

と説明するとポコは



「じゃあ おそらに そうじき かければいいんじゃない?」



と、珍しく微妙にメルヘンなことを。



掃除機じゃお水は綺麗にできないし、第一、掃除機はお空に届かないよ

私も微妙にメルヘンな回答をすると


「じゃあ おうちから はしごに のぼればいいじゃない。」


とポコ。




テレビのキャラクター達のことは


「てれびの こ だから うちにはこないよ。」


などと、3歳児にしてはかなり現実的?なことを頻繁に言うポコが

この夜はとってもメルヘンでかわいかったのでした。


まだまだやっぱり3歳児。

これからもたくさんかわいいこと言ってね、ポコ。




 



そんなポコの間違い言葉




「パワー全開!」


と「テレビの子」が言ったとき。


ポコは大音量で



「パワー、ちんこん



と言って張り切っていた。

 




「ぜんかい、だよ」と訂正すると


チンコンだよ!



と、これまた大音量で怒鳴られた。




まだまだ3歳児。

でもあまり大きな声で言わない方がママはうれしいな、ポコ。

posted by emi_tulip at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

あこがれのプリンセスに

数日前にポコが

「どうしたら ひめさまに なれるの?」


といきなり聞いてきた。


「お姫様として生まれてくる人もいるけど、ポコちゃんがお姫様になるには大きくなって王子様と結婚しないとね。」


と答えると


「ママくらいにおおきくなったら?」


と聞いてきた。

説明が面倒くさいので、そうだね、と答えると→ひどい


「やだ。いま おうじさまと けっこんする」


と宣言。


たとえ結婚できたとして

幼稚園に二時間行くだけでも

毎朝「行かない」と大泣きしてるあなたが

結婚なんて今できるかい。


 


ところでポコはなんで姫様になりたいのか。

とっても興味があったので質問してみると


「ようふくが かわいいから」


そんな理由だと思ったよ。



しかし

そんなポコがあこがれている

洋服のかわいい姫様はこのお方。

      

 P-A_.JPG


映画、Bug's LifePrincess Atta




アリ。

洋服着てない。



 





そのようにコメントすると


「あたまに かわいい おはな つけてるでしょ!」


と怒られた。


洋服じゃないじゃん。花飾りじゃん。



ポコよ。
ポコが
どんなに素敵な王子様と結婚しようが
どんなにママみたいに大きくなろうが
ポコはアリのお姫様にはなれません。
と、面倒くさいので口には出さず、心の中でコメントしときました。→やはりひどい

そして花飾りなんていつでも作ってあげるよ。春になったら。


 



 

posted by emi_tulip at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

なんでだろう?


あんちゃんの気持ち


CIMG4041.JPG

 私の名前はアン。


ポコちゃんは私のお母さんです。


「アン」という名前はお母さんがつけてくれました。


女の子です。




お母さんは毎日、私においしいご飯をこうやって作ってくれます。

CIMG4036.JPG


今日のご飯はこれです。

CIMG4034.JPG

お砂糖です。

あんちゃん糖尿病街道まっしぐら。本当はビーズです。



たまに次の日のお弁当も作ってくれます。


お母さんはお弁当を作りながら


「アンこれ たべたい?」


と聞いてくれます。


「うん、食べたい」

と答えると


必ず


「でも あしたの おべんとう だから〜」


と断られます。

じゃぁ聞いてくれるな。

なんでだろう。




お母さんは毎日、抱っこして昼寝をさせてくれます。


でもこの間


「アンはなんで よるじゃないのに いっつも ねてばっかり いるの!」


と怒ってました。


お母さんは、私が眠くないと言ってるのに

自分で


「アン、ねむい?」


と、抱っこしてネンネさせてくれたのを忘れてしまったようです。

そして多分、週末のパパと勘違いしているのです。



わたしは、


たまにそうやって理不尽なことを言われても

リボンでこうやって机につながれても

        ↓

CIMG4031.JPG



 

こうやって包まれて苦しくても

     ↓

CIMG4033.JPG

(ダンボがコウノトリに運ばれてくるのを観てからアンちゃんも一日一回は包まれます)


八つ当たりで床に投げつけられて

こうやって放っておかれても

     ↓

CIMG4037_.JPG




私はお母さんが大好きです。


だってお母さんはいつも


「あん、いつも だぁーいすきだよ。あん、ずぅーっと いっしょ だよ。」


と言ってくれるの。


私のお母さんは優しいんだ。



 





ロディの気持ち


CIMG4038.JPG

ボクの名前はロディです。


ボクのお母さんもポコちゃんです。


お母さんはたまにボクにもお弁当を作ってくれます。


でもあんちゃんに作ってあげるほどは作ってくれません。



でもボクは毎日これで↓髪の毛をとかしてもらってます。

CIMG4043.JPG

ロディ髪の毛ないけど。それ以前に櫛じゃなくて洗濯バサミだけど。

 


「かみのけ じぶんでとかせる?」


と聞いてくれるので


「うん、とかせるよ。」

と答えても


ママはボクが


「とかせない」


と答えるまでずっと同じ質問をしてきます。

じゃあ聞いてくれるな。

なんでだろう?



ちなみにボクは24時間ぐるぐる巻きです。

このように↓首にはベルトと二種類のリボンが必ず巻かれています。

CIMG4039.JPG

頭には帽子。(本当は節分の豆まきように作った紙の箱)

方耳にはバッグもかかってます。おしゃれでしょ。(というか荷物掛け)


そしてボクは毎日、カートにつながれています。

ちなみにこのカートはアンちゃんのベビーカーです。

 

この間、ボクのお母さんのママが(ボクのおばぁちゃん?)

なんでボクがいつもカートにつながれているのか聞いていました。


ボクのお母さんは


「だって ロディが おばけに つれていかれないようにだよ。」


と答えてました。


ボクのママはとっても優しいんだ。



 



 

プーさんの気持ち



CIMG4044.JPG
 ボクはプーだよ。


 


CIMG3882.JPG


これはほぼ一年前に撮られたボクの写真だよ。

裸にされて紐でぐるぐる巻きだよ。


なんでだろう?


 








SBCA0694.JPG


そして自分もリボンでつなぐ。

母がDuplo作ったキリンさん親子と。





母の気持ち

なんでだろう?





posted by emi_tulip at 13:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

幼稚園一週間

今日で幼稚園に通って一週間が経ちました。


今朝は

「いかない!ママだっこ!」

の大泣きでチャイルドシートに座ってくれず

15分車の中で格闘し


園に着いてからも大泣きで先生に抱っこされ


泣きながら一生懸命


「いってきまーす!」


を叫んでいた。



 






・・・・・・・・・うぅ。

母は涙をこらえて車へ走って逃げました。


水曜から毎朝こんな。




それでも毎日、楽しい思いをして帰ってきてくれて


「きょうは えんちょうせんせいと あそんだ」


とか


「せんせいが ばいきんまんが みえないまんになる かみしばい よんでくれた」


とか


うれしそうに笑顔で話してくれます。


そんな楽しい話を聞けて母はとてもうれしい。

 



今日終われば週末だ!。


がんばれポコ!



 



そんなポコの久しぶりの空耳アワー。



ポコの大好きなNHKTV番組

クッキンアイドル アイ マイ マイン!

を観ていたときのこと。


マインちゃんの友達ミチカちゃんが


「桜の開花前線を追うわ!」


と叫んだとき



 



「さくらの かいじゅう せんせい?!」



と、びっくりがおのポコも叫ぶ。

 

               


桜の怪獣先生


母の頭の中のイメージ:
ゴジラのような怪獣先生が
桜吹雪をバックに笑顔の園児たちに囲まれてガオー!とやっている。


そんな先生いたら・・・ポコも元気に幼稚園に行って・・・くれ・・・ないか。

posted by emi_tulip at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

成長

今日はポコちゃん、初めて登園!

土曜の入園式では


「ポコちゃん にゅうえんしき いかない」


と、

あんなに毎日、園の帽子やら園のリュックやら、スモックやら上履きやらを

家で身につけて楽しみにしていたのに

そんな状態だから

今日は分かれるとき絶対泣くかと思ったのに



まったく泣かれなかった!



「いってきまーす」


とニコニコ笑顔で手を振ってさよならされた。



 



 



 



母はさみしい!!!



 



 



去年の夏の保育園では大泣きだったのに。


「ママようちえん いっしょに いかないの?じゃあ いかない」


と直前まで言っていたのに。

 



泣かずに登園できることは素晴らしいこと。


自分もそれを望んでいたのに

なんでこんなに寂しいんだろう。

 


送り終わって家に帰ったら、家がとても静かで不思議でした。



 



 



さて、そんなポコちゃんが折り紙の裏に書いたメモ。


CIMG4026_.JPG


「いちねん たっても ワンちゃんの しっぽが はえてきません」


と書いてあるのだそう。












 



それはもはや、犬ではない。

と母は思う。

 



 



まだまだヘンチクリンなことを言うポコちゃん。


家に帰ってから聞く今日の幼稚園でのお話が楽しみだわ。

posted by emi_tulip at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

思うこと

地震以降
ブログを書く気にならなかったんだけど
今日はちょっと思うことを。





今回の震災で、どんな形でも被害にあわれた方、今現在あっている方。
どんな
「お悔み申し上げます」

「がんばって」
なんて
簡単に言えないほど
大変な思いをしている。
想像を絶する深い深い悲しみの中にいる。

今のところ普通に毎日生活できている自分が
いつ普通の生活に戻れるのか分からない状況にあるであろう方々に
軽々しく言える励ましの言葉などないので言いませんが
これだけは。

どうかどうか体に気をつけて
みんなと協力して
生きてください。

そして、普通に生活ができている私たち。
どうかどうか
買いだめなどしないよう(一人ひと箱、1ケース!)
前向きに
元気に
日本の経済を回し

できる形で被災地を助けていければ

と心から思います。
posted by emi_tulip at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

子供っておそろしい

先週末、私が友人と、あるイベントの打ち合わせ兼ランチをしに行っている間
パパがポコを温泉に連れて行った時の話。


 


温泉で一緒だったおじちゃん、と言ってもポコのジイジくらいの年代の方が

ポコをとってもかわいがってくれたそうで

ポコも懐いていたらしいのだけど


温泉から出て、脱衣所に3人でいた時

ポコがおじちゃんを見てこういったそうだ。

 



「すっごい おなか だねぇ」



 











かんべんしてくれ 

                               by パパ



 



 



 



おじちゃんは


「そうでしょーすごいお腹でしょー」


と優しくのってくれたそうだけども

パパは身を切って


「そうかなぁパパの方がすごいよ」


と着ていた服を慌ててめくりあげたそうな。

(実際、パパの方がお腹すごかったらしいけど。)
大変だったね、パパ。←人ごと

 




というか。


 



一番すっごいお腹なのはポコ、あなたですからね!いや、私か?




これからこういうこともっと増えそうだよね。
あぁ、子供って恐ろしい!
posted by emi_tulip at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

最近ホットなお出かけファッション

最近のポコのお出かけルック。

CIMG3900.JPG

ダサすぎです。





ひどいときは持ってくバッグ増加。


CIMG3901.JPG

お出かけ準備中のポコ。肩こりそう。






そんな荷物の気になる中身はこちら。


CIMG3905.JPG

やたらカラフル



荷物から予測すると、どうやら


東京で電車に乗って

ポコとポニョとリサとピクニックする模様。


東京までどうやって行くつもりなのかは不明。



でもさポコ。
せっかく部屋で苦労して首にかけた荷物を
玄関で全部はずして
私に車まで運ばせるのやめてくれない。

どうやら私はポコの召使いから
おかかえ運転手へと
格上げ(格下げか?)されたようです。

お嬢ポコはまだまだ健在です。
posted by emi_tulip at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

真夏の夜の怪談話し

ある暑い真夜中のできごと。

夫はまだ会社。というか飲み会?

ポコは二階の寝室でご就寝。

一階のリビングでテレビを観ていると
突然


すーっ



リビングのスライドドアが開き


そこに黒髪の日本人形が立っていた。



ぎゃーっ!


 

と叫んだら



前日に前髪をぱっつり切ったばかりのポコだった。

あぁびっくりした。



そしてその数日後。


また同じ状況の中、リビングでテレビを観ていると


階段から


ひたっ   ひたっ


と小さな足音が響いてきた。


な、なんの音・・・?


と不審に思った瞬間


すーっ


とドアが開き



そこに日本人形が立っていた。




ぎゃーっ!




と叫んだら



やっぱりその晩も前髪ぱっつんのポコだった。

いやほんともうびっくり。


両日とも暑さにうなされて起きてしまったもよう。
麦茶あげたらすぐ寝た。人騒がせな。


パパの絶叫寝言といい

いつか私はこの家の住民に心臓発作を起こされて殺される〜。

命の危険を感じます。

いや、まじで。



真夏の夜の階段話しでした。


ちゃんちゃん。

posted by emi_tulip at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

ようやく

ご報告。

ついに


私は運転免許を手に入れた〜っ!


これで晴れてポコ姫は保育園に行かなくてもよくなりました!

私もポコを保育園に連れて行かなくてよくなりました!

お互いストレスたまってたからね。


ホントにほっとしました。



も一つご報告。


ついに


ポコは「だるまさん の」

を手に入れた〜っ!


先週、大変な暑さと緊張で吐きそうになりながら受けた

技能試験に晴れて合格したあと

ポコを保育園まで迎えに行き

『ポコ保育園お疲れ様でした祝い』ということで

そこからポコを自転車に乗せて本屋まで行き

「だるまさん の」

を買ってあげました。


前回の日記でポコは「だるまさん の」じゃなくて

「カエルさん」を手に入れたと載せましたが

あのあと、家に戻ると唐突に外に出た本来の目的を思い出したようで

「ポコちゃん『だるまさんの』かいに いきたかったぁ〜」

と大泣きしました。


自分がカエルの方がいいって言ったくせに。

大変な迷惑女児。


とにかく本当に真剣に欲しかったようで

買った後、家に帰って読んであげたらとってもとっても喜んでくれました。

喜びすぎて連続で100回くらい読まされたけどね。

ちなみに昨晩は、今度は
「ママ教習所お疲れさまでした祝い」
ということで
私のふらふら運転で、本当はウナギを食べに行ったんだけど
目当てのお店が閉まっていたので
代わりにお寿司を食べに行き
パパとママはウナギの代わりにものすごくおいしいアナゴを食べて満足しました。
そしてうっかり日本酒を飲みすぎて相当酔っ払いました。
2歳児を連れて両親寿司屋で酔っ払う。
帰りは代行サービス。初心者マーク付きで。

とにかくですね。

これでようやく

お互い欲しかったものが手に入って一件落着。



みんな〜。

応援ありがとうでしたー!



posted by emi_tulip at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

ついに手に入るか

前回の日記に「だるまさん」シリーズの話をしましたが
昨日もポコは「だるまさん の」を買いに行きたいと大騒ぎしました。
時間ももう夕方で雨も降りそうだったし本屋までけっこうな距離あるので

今日は行けないと言うと

もうそれはそれは大号泣で寝っ転がって足をバタバタしてダダコネ。


昼寝をしてなくて非常に眠くて不機嫌だったせいもあって

何を言っても聞かないので

もう放っておくことに。


だいたいしばらく放っておくと


「ままぁ」


とか言いながらニコニコ笑顔をわざと見せて私の機嫌を直すのね。


なので

私はポコがわーわー寝転んでいるカーペットの上に座って本を読み始めたんだけど


しばらくしたら


横で



ずるっ ずるっ ずるっ


と何かを引きずっているような奇妙な音が・・・・




何かと思って横を見ると



 



 



ポコが



 



 

 



テレビから出てくるときの『リング』のサダコになってた。



 



イコール



 



ホフク前進で向かってきた。



 



しかも泣きながら。



 



ちょっと恐かった。



 

本、買ってくれないなら呪うぞ〜

ってな感じ?

 



そのまたしばらく後



私がキッチンへ移動してパソコンを見ていると

キッチンの床の上で



 



ぎゃーっ!



 



と叫びながら



『エクソシスト』のブリッジをして進むポコがいた。

正確にはブリッジを手じゃなくて頭で支えて頭を使ってずるずる進む動き。



本、買ってくれなきゃ階段もこれで上がっちゃうよ!ってな感じ?

映画観たことない人は分からないよね、ごめんなさい。


 


そんなに本ほしいのかぁ。
お菓子とかじゃないし。
本なら仕方ないか。






 

結局、私が根負けして

本屋まで歩く、抱っこなしと約束させ

絶対守れないの分かっていたけど


いざ出陣!


ついにポコの手に「だるまさん の」が!


泣きながらの匍匐前進やらブリッジやらしたかいあったね、ポコ!

 



 



と思いきや



家から数十メートルを小走りしたところで(ポコは歩くということをしらない)

ポコは、道路でぴょんぴょん跳ねて姫の脅威から避難するカエルを発見。

 


「あ!カエルさんだ!ポコちゃんカエルさんつかまえる!」



とあっさり本買い放棄。



 

ポコに

カエル捕まえるなら本屋行かないよ

と後ろから叫ぶと



「うん!」



とそのままカエルの後ろをぴょんぴょん自分も跳ねながら捕まえに行ってしまいました。



 



 

おーい。

ひめー。

・・・・・・・・・・・。

なんなの。
匍匐前進やらブリッジ・・・




結局、夜の7時過ぎまで姫のカエル捕獲につきあわされたのでした。

これ、毎日やってるのよ。

ちなみに、はい、私もカエル捕まえさせられてます。



 


最終的に

ポコの手に入ったのは


「だるまさん の」


ではなく



「カエルさん」



でした。


さぁ、いつポコの家に「だるまさん の」がくるのでしょうか。
乞うご期待!
posted by emi_tulip at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

だるまさんに

うちに

「だるまさん が」

CIMG3865.JPG



「だるまさん と」

CIMG3864.JPG


という大変有名な絵本があります。




「だるまさん が」

2年前、私が本屋さんでポコに読んであげたら

いたく気に入ってしまい

エンドレスに立ち読みさせられてちょっと恥ずかしかったので買ってあげました。



「だるまさん と」


数週間前の土曜に、私が教習所に行ってる間

パパがポコを本屋さんへ連れて行き

パパが買ってあげました。




このだるまさんシリーズにはもう一冊

「だるまさん の」

というのがあるんだけど



先週末のこと。



ポコがパパに



「ポコちゃん『だるまさんの』 が ほしい。いまから かいにいく。




と言いました。



 



なんて強引な。






とポコの後ろで思ってると

くるっとポコは私の方を向き

私の肩に手をポンと置いて



 


「だからママがっこう いって?」






 



 



えぇぇぇぇえ?




 



「ママ はやく がっこう いって!」



 



 






 



 








ほんっとーに行っていいのね〜!!??

あんなに毎回「ママがっこう いかないで!」と大騒ぎするくせに、なんなの。ぷんすか。

 



 



もちろん、ママは学校に行かなかったし

ポコは絵本も買ってもらえませんでした。



ポコ。

何か買ってほしいときは言葉を選ぼうね。


 


だ〜る〜ま〜さ〜ん〜 に 


負けたママ


ショーック



おしまい


posted by emi_tulip at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

やっぱりポコは女王様

昨日の夜、パパが会社から早く帰って来てくれたので
すっかり眠気も覚め

ご機嫌になった女王ポコから


「みんなーっ!かくれんぼしよーっ!」


と召使いのパパとママへ招集がかかった。


女王様に、隠れるのと探すの、どっちがしたいかお伺いをたてると


「さがすの!」


と言うからポコに10まで数えてね、とパパとママが隠れようとすると

女王様は立ったままリビングにあるパパ用の毛布を勢いよくかぶり

「いーち、にー、さーん、よーん・・・」と数え始めた。



 



どっちやねん!



 



と、女王様につっこんでも召使いたちが無駄に疲れるだけなので

仕方なくママが

「ポコちゃんみーつけた!」


と見つけてあげると

今度は探す人になったようで

パパを探しに行きました。
 

ほどなくパパも見つかり、満足したかな、と思いきや


「みんなーっ!こんどは じゃんけん しよーっ!」

「じゃーんけーんぽん!」


と、今度はじゃんけん大会開始。


しかも


「ぽこちゃんチョキだすからパパ ぱー ね」


とパパはポコに負けること決定。



その後、毎回パパは負けを指定されてました。



 



やっぱりポコは我が家の女王様なのでした。

そしてパパが一番下?

posted by emi_tulip at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

ポコの「アイデンティティー」

数日前、ポコがCD棚から

「ポコちゃんこれききたい」




これを出してきた。


CIMG3857.JPG


椎名林檎 「勝訴ストリップ」



 



本当かい。


ピンクのケースがお気に召したご様子。


色々な音楽に触れることは大事なので

とりあえずかけてあげることに。


かなり気に入ったご様子でノリノリで聴いていた。

椎名林檎を聴く2歳児ってどうなんだろうか。 




しかも歌詞カードの表紙の写真を見て

これ↓

CIMG3858.JPG


「しいなりんごちゃん黒ハート



とかなりお気に入り。


ただし普通の格好をして載っている椎名林檎も

「しいなりんごちゃん」

なのが納得できず

何度も「だれ これ」

と確認していた。

勝手すぎ。



その後2日間連続で「しいなりんごちゃんきく」

と勝手にPlayボタン押して聞いていた。



この様子を夫にメールしたら

「女王だな」

と返信がきた。


いやだなぁポコが「歌舞伎町の女王」になったら。



 



そしてその次の日。



今度は

「ポコちゃんこれきく」

とこれを取り出した。



CIMG3860.JPG 


Queen”Made in Heaven”



 



 



 



 



やはりポコは「女王」なのであった。



 



 



ちなみにQueenはソファに座りこみ、かなり真剣に聴き惚れてました。


posted by emi_tulip at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

本日の歌

ポコ版 アルプスいちまんじゃく フィーチャリングママ


あぁるぷす いちまんじゃ〜く

おぉなべの うぅえで

あぁるぷすおどりましょ さぁおどりましょ


らーらららららら・・・・




ママ:・・・・暑そうだな・・・

(みんなも想像してみてね!お鍋の上で踊らされてる姿を。)





posted by emi_tulip at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

久々のレベルアップポコ

保育園で「ママママ」と大泣きしちゃったりと

まだまだ赤ちゃんみたいなポコちゃんでしたが

なんとっ、ここんとこいきなりいくつかのレベルアップがありました。

 

まず喜ばしい一つ目のレベルアップはこれっ。



オムツがはずれたーっ!!!!

うれしすぎて字も大きくなっちゃいます。色もついちゃいます。

しかも一日ではずれたっ!


親もびっくり。


言葉が通じるようになってからのトイレトレーニングって

(というかトレーニングでもなかったし)

本当にこんなに楽なのね。

外出先でも「ちゃんとトイレでおしっこする、ウンチする」

と教えてくれて外のトイレに行ってくれます。


でもね・・・・


便器を思いっきりさわっちゃったりするんだよね。

公衆トイレでするトイレは毎回戦い。

公衆トイレの中から

「きゃーさわんないでーっ!」

という叫び声が聞こえたら、それきっと私。


そうそう。

この間、私の母が遊びにやってきたんだけど

おばぁちゃんと遊んでる間はあまりの楽しさに

すっかりトイレのことを忘れてしまったらしく

「ままぁ、おしっこしちゃった」
と事後報告ばかりしてました。

おばぁちゃん帰ったあとはちゃんとトイレのこと思い出してたけどね。


あと最近では「いないいないばぁ」のコンサート番組を見ながら

コンサート会場にいるかのごとく激しくダンシング&シンギング中に

「ままぁ、おしっこしちゃった」

あまりにも夢中に歌って踊りすぎておトイレのこと忘れたらしい。


まだまだその辺は赤ちゃんかしら。



さて二つ目のレベルアップは・・・


いつの間にかアルファベットとひらがなが少し読めるようになってた!


これも親ばかな私は派手に喜んじゃいます。

・・・・・・というか。

わたくし喜ぶ資格なくてですね。
わたくし毎日ポコと一緒にいたくせにその事実についてなんとも思ってなくてですね。


読めるようになって一か月くらいたってから

あれ、ポコ、アルファベット読めてるってそれなりにすごい?

と気付きました。


と言っても特に何かを使って教えてるわけではないから絵本のタイトル読むくらい

まだまだ五文字も読めないけど。


ひらがなも「ん」とか「の」くらいだし。


しかもなぜか「ん」だけ


「ん!」


と毎回力んでます。



あと

「びっくりマーク」

も覚えました。


絵本のタイトルに「!」がついてたりすると

感情こめまくりでタイトルを叫びます。

アクトレスポコはまだまだ健在。

 


さて三つ目のレベルアップは何かと言うと



お絵描き。


本当に最近上手でちょっとびっくりしちゃう。



ママ↓


CIMG3853.JPG

 

ちゃんと髪の毛がくるくるパーマしてます。



パパ↓


CIMG3854.JPG

眼鏡は?と聞いたら

「しない」

だって。


動物シリーズ↓


とりさん↓
SBCA0041.JPG

わんわん↓

SBCA0002.JPG

 

ワンワンと鳥さんの方がパパとママ描くよりじょうずに描けてないかい?

さらに。


おばぁちゃん↓
SBCA0085.JPG

ママのこと描くよりうまくないかい?



ゆうたおじちゃん↓

CIMG3850.JPG
パパじゃないのか。


ひいおばぁちゃん↓


CIMG3852.JPG
ゲームのキャラか?



・・・・・・。
うん。
まぁ。
じょうずだよね。

 


さて。

最後のレベルアップは

私にとって最もビッグなこれ!


保育園にいくとき

泣かなくなった!


偉大すぎて字も特別ビッグになっちゃいます。


先週、仮免許の試験を受けました。

試験当日の朝、保育園に連れていく最中

いつもの通り自転車の座席の中で

「ほいくえん いかないーっ!」

と暴れてたんだけど


「ママはポコと一緒に車で遠い公園へ遊びに行けるように今日試験がんばるから

ポコちゃんも保育園で頑張って楽しく先生とお友達と遊んでくれる?」


と聞くと



なんと



「うん、がんばるー!」



と言ってくれたのです!



そして保育園へも自ら進んで中へ入り

教室に入るときは

一生懸命泣くのを我慢しながら先生と手をつないでました。



・・・・・・うぅ。。。!

ママは泣いたよ保育園で、またしても。


 

そしてですねー!



ママもレベルアップしまして!

ポコとの約束通り試験頑張って受かったよ!

というか当たった教官が優しかった!

あんなめちゃくちゃな運転でよく受からせてくれたなってくらい
緊張によるハチャメチャな運転。
普段しないミスばかりやってのけて運転中は頭真っ白。

自分が教官だったら確実に自分を落としてたよ。
というか、イチカワ先生、あのガードレールぎりぎりの左折のとき
ブレーキ踏むの我慢してくれてありがとう。
(教官がブレーキを踏んだ時点で試験中止)
先生いわく「助手席で非常に恐かった」
らしい。
ごめん先生。ほんとありがと。



というわけでですね。

ポコが頑張ってくれてるおかげで

ついに路上デビュー。路上でビュー。路上deビューっ。

ってな感じで走っちゃってます。うれしくってもうめちゃくちゃ。

ママは運転レベルがダウンしないように頑張るから頭はレベルダウンしてるな確実に

ポコも保育園で頑張って楽しく遊んでね。

ありがとうポコ。

これからもレベルアップに一緒に楽しく励もうね!





おまけ


ある日の夜

階段を上ろうとして

ぎょっとしたときの光景。

CIMG3843.JPG

 


犯人はポコじゃなくて

パパでした。

posted by emi_tulip at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

またどこかで会えるかな

69日水曜の夜に

我が家のうさぎさんオチャ君が死んでしまいました。


まだあと4年は一緒にいれると思っていたし

6日の日曜までは元気いっぱいで一緒に楽しく遊べてたから

あまりにも突然すぎて嘘みたいです。


オチャは

久しぶりにポコが夜ごはんを食べながら寝てしまった晩に息をひきとったので

ポコにオチャが死んでしまったことを、次の日の朝にどうやって伝えようかと夫と悩みました。


ポコはまだ2歳。


毎日オチャと遊ぶのが日課となっていたくらい

とってもとってもかわいがってました。


なので私の頭の中では


ポコがオチャの亡骸を見てあまりのショックでトラウマになってしまったらどうしよう?


とか


でも説明しないとオチャがいなくなった理由が分からなくて困惑するよね?


とか


そんな考えがぐるぐる回転してました。


結局、夫と二人で夜中ずっと考えたすえ

ポコにはきちんと説明して

亡骸も見せてあげることにしました。



次の日の朝。

ポコは起きてすぐ


「オチャみてくる〜」


とオチャの部屋へ行きました。

毎朝オチャに「おはよう」をするのも日課になってからね。

ポコはオチャのケージを見てオチャがそこににいないのに気付き


「オチャはどこー?」


ときょろきょろ探し始めました。



朝一で説明することになるとは思ってなかった。



寝ているパパを起こして

オチャは死んでしまってもう会えないということを夫と二人で説明しました。


いけないと分かっていながらもついつい説明しながら私は泣いてしまったんだけど


ポコは私の涙を見て


「なにこれ?」


と指さしました。



そのあとも


「なみ、なみ」


と泣いてなくても私の目を指さして言ってたけど

「涙」というものの存在を理解してないのかなぁ。

でもお友達が泣いてるのしょっちゅう見てるしねぇ。

こんなところで不思議な発見。


オチャのことを説明しているときポコは一瞬、壁際にもたれかかり

黙りこくって泣きそうな表情になりましたが

そのまま泣かずにすぐ復活。

別の話題を楽しそうに話し始めました。

私のとり越し苦労だったよ。

やっぱり「死」がなんだか理解するのって2歳児には不可能なんだね

 

 

その日の午後オチャをペット火葬屋さんで火葬してもらいました。

 

最後のお別れのときポコは


「ねんねしてる。オチャかたくなっちゃった。」


と言い


火葬用の機械の扉が閉まったあとは


「あったかくしてもらうの?」


と聞いてきました。


電子レンジの扉みたいだったからかしら?

やっぱり理解するのは無理なんだな。



でもそれからというもの

ポコはオチャがいないことになんだなやっぱり納得いかないのか

毎日、最低一回は

ふとしたときに


「オチャはもうしんじゃったのー?なんでしんじゃったのー?きょうオチャいるー?」


と聞いてきます。


しかもですね。

数日前

「オチャしんじゃっておもしろい」


とか言って笑ってました。


やっぱりやっぱり2歳児に「死」は理解しがたい出来事のようです。




でもね。


ポコが悲しがってないおかげで

そしてポコのお世話に毎日追われてるおかげで
私も夫も悲しんでる暇がないので

今回のことで落ち込まないですんでるの。


もちろん

掃除するため一人でオチャの部屋に入って

空っぽのケージを見てしまうと

とってもとっても悲しくてつらくってたまらない。

オチャのために人参の皮をむこうとしたり

小松菜の小さい葉っぱを見つけてとっておこうとしたりするとき。

もうオチャはいないんだ、とふと再確認する。

死んだときのことを思い出して胸が痛みます。


でも昼間はポコとの用事で大忙しだし

ポコも死を理解して悲しんでるわけではないので

私たちもあまりオチャとの思い出やらなんやらを思い出して泣いたりしなくてすんでます。

 


ポコが来る前に家にいたセキセイインコのちーちゃんもオチャも

救助されて家に来た子たちだか

家に来て幸せに暮らせたんだと思いたい。

 

オチャ、楽しくてかわいい思い出をたくさんくれてありがとう。

短かったけれど一緒に過ごせてとってもとっても幸せでした。

 

今いるところでチーちゃんに会えたかな。

 

安らかに眠れ、オチャ。


posted by emi_tulip at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

保育園修行

前回の記事を載せた後の夜ごはん中に
ポコに


「明日もママ学校だから、ポコちゃん先生とお友達と遊んでお昼も食べてお昼寝もしてね。

明日はポコちゃんがお昼寝中に迎えにいくからすぐだからね。」

と言ったら

ポコは急に見たこともない表情と

聞いたこともない声でうわーんと泣きだしてしまった。


「ほいくえん いかないー いきたくないー」


と。



やはり三回目となると

色々状況が分かってきたようで・・・。


かわいそうでかわいそうでまたこっちも泣きそうになりました。


次の日連れて行くときどうなっちゃうんだろうと

その日の夜はずーっと気が重くて

教習所キャンセルしたくなったほど。

パパも会社休もうかな・・・と気になってました。

 

 


そして次の日の朝。


あんなのに行きたくないと泣いてたくせに

保育園に行かなきゃいけないという嫌ぁな記憶は

一晩寝たらすっかり抹消されたようで

自転車に乗せても


「わーい!やったぁ!おでかけー!きょうは どこ いくのー?たのしいねー!」


なんて言われちゃったりしちゃって。

ママは非常に心が痛みました。


「着いたら分かるよー


と言ってごまかしてたんだけど

やっぱり保育園に着いたとたん

ポコは一瞬しーん、とだまると

ボソッと

「まま きょう がっこうなの?」

と聞きました。


ドキドキしながら「そうだよ」と答えると


案の定

うわーん

と泣き出して


「ほいくえん いかないー!だっこぉー!」

と抱っこを要求。


仕方がないので抱っこしながら教室までダッシュし

大慌てで先生に抱っこを変わってもらい

ダッシュで逃げるように外に出ました。


保育園って・・・・・・・・・



切ない!!!


 

でもちょっと安心したのは、迎えに行ったときは

泣いてなくてですね

お昼も完食し、お昼寝もちゃんとして

泣く回数も減ったと先生が教えてくれました。


ポコ、偉いぞ!よくがんばった!ありがとう。


そのあとは公園へ行き

思いっきり遊んであげました。

 

でも「今日保育園で何したの?」と聞いても

あまりはっきりと答えてくれず

全然関係ない話を始めたりして

あんまり話したくないというか思い出したくないのかな?という感じでした。

そして多分その思い出したくないの延長で

例えばご飯を食べてる最中とかに突然

シクシク泣き出す、ということをするようになりました。

 

思い出し泣きをしているようです。

そんなこともうできるんだ・・・とちょっと成長を感じたけど

そんな姿を見てると本当にかわいそうでかわいそうで。

 

その日もたくさん「ママ だいすき」「ママもポコちゃん大好きだよぉ」を繰り返しました。



 


余談ですが


最近は

“Good night, sweet dreams, I love you.”

と私がポコに寝る前に言うと


I love youって あさ おきたときも いって」


と言われるようになりました。

夫には「恋人かよ」とつっこまれてました。


朝言うとなんて言って返してくれるんだろう?!

とちょっとワクワクしながら 

次の日の朝起きたとき、ちゃんと


「ポコちゃんおはよ〜I love you〜」


とらぶらぶチュッチュしたんだけど



ポコったら無反応。おい。思わず言葉使いも悪くなってしまいます。


 


というかむしろなんか煙たがられた。



 



なんなの。ぷんすか。


その後、何度かチャレンジしてますが
毎回同じ反応です。
それでも毎晩同じこと言うんだよね。
本人はどういうつもりなんでしょうか。


 



というわけで。


次回の保育園は5日後。

家では保育園の話題は禁止となってしまうほど危険な話題となってしまいましたが

これからどうなっちゃうのでしょうか。




みんな!

泣き虫ポコとママを見守っててね!
うわーん。
posted by emi_tulip at 22:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

ポコの保育園物語

毎日があっという間に慌ただしく過ぎてしまって
なかなかゴージャス旅行の続きを載せれなかったんだけど
略してゴーりょこの二日目はですね、

なんとポコ、初めてパパとママと離れて

おばあちゃんとユウタおじちゃんと遊びました。


その間ママは4歳からの幼馴染のユカ花嫁の

ゴージャスな結婚式へGO!

(ゆっくりゴージャスウェディングディナーを食べれたよ〜感激)


ポコは特に泣くこともなくちょっと「まままま、ママはどこー?!」と騒いだくらいで

とっても楽しく遊んだようです。


家に帰ってからもしばらく

「もっとおばぁちゃんとユウタおじちゃんとあそびたかったぁ」

と騒いでました。


で、そのかいあってか

ついにポコ、無事に保育園デビューを果たしました!


お恥ずかしい話ですが私運転免許を持ってなくてですね。

今住んでるところは大変な田舎で

私は車なしで半年過ごしましたが

4月になってポコのプレ幼稚園などで平日いろいろ外に出るようになると

やっぱり車ががないと生活しずらくなってきました。


と、いうことで。


ついに私、この年にして初めて自動車学校デビュー。

偉そうな態度の嫌味な教官に緊張して脇の下にいやぁな汗かきまくりながら

(優しい教官もいるんですけどね)

日々がんばっております。

しかもマニュアル。夫のリクエストで。

エンストしまくり。教官溜息つきまくり。


で、私が平日教習所に通っている間、ポコは保育園に預けることにしました。


まだ預けたのは2回目。


初日はちょっと泣いたくらいで

半日コースだったということもあって

楽しく保育園で過ごせたようです。




しかーし。




2回目の昨日。


2回目だし、ちょっとぐずるかな、とは思ったんだけどさ。

最初のバイバイは

「ママいっしょにあそぼう」
とちょっと手をひっぱられたくらいで

すんなりバイバイできました。

でも昨日は二日目にして初めて朝から夕方までの保育園。


一時保育用の教室に迎えに入ると・・・

 

先生にパーカーを着せてもらいながら鼻水垂らして大号泣のポコが。



「ママーっ!ままーっ!」



と聞いたこともない声出して泣き叫んでました。



教室に入ると走って抱きつかれました

 



うわーん。私も泣きそう。


 

ポコちゃんが園庭で摘んだという

枯れてへなへなになってしまったタンポポを先生が私に渡してくれると

ポコが私の手からそれを取り

涙を流しながら


「ママはいこれどうぞ」


と渡してくれた。



 



うわーん。



 



二人で大泣きしかかったので

ポコを抱きかかえて大慌てで保育園から脱出。


そのあとポコは夜寝るまで

「ママだいすき」

を連発しまくりの抱きつきまくりでした。

 

そのたびに泣きそうな私。


「ママ大好き」って言わないと保育園に預けられちゃうと思われたらどうしよう、と

私は一生懸命、何度も

教習所に行ってる間はポコは保育園に行くけど

ママは必ず絶対迎えに行くから

と何度も何度も説明しました。

何日も前から説明してたんだけどね。


 

ママはがんばって絶対一回で免許とってみせるからね、ポコ。



明日ポコはまた保育園。


明日は半日だけど
大丈夫かな。

運転しながらもポコのことが気になって気になってしかたない。


楽しくポコが保育園で過ごせますように。

 



オマケ



ポコの「どんぐりころころ」バージョンアップ編

どんぐりころころどんぐりこ〜

しばらくいっしょにあそんだが〜

やっぱりおさかなおいしいと〜

ぼっちゃんいっしょにあそびましょ〜



オサカナはやっぱりおいしいようです。

posted by emi_tulip at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

成長したポコ

先日ポコと遊んでいたときのこと。
なりきりワンワンママにお呼びがかかり


「ワンワンきょう のみかい いくのー?」



と聞かれた。

 

ぶ。



ワンワンが飲み会。

なんだか不謹慎な感じ。


 


さて、今日のポコはお風呂に使ってる時間最長記録を更新しました!
って今まで計ったことないんだけど


なんと45分間!



長い!



ママはゆだった!


ポコの顔は真っ赤だった!




なんでそんなになるまで長くつかってたかというと




これらのせい↓というか、おかげというか。


CIMG3826.JPG



バケツ ジョウロ シャベル プラスチックカップ




これらで何をして長くなったかというと





お料理





カップやジョウロを使ってバケツにお湯を入れてシャベルでまぜまぜしてクッキングをしてました。



ポコはちょっと前まではバケツやらにお湯をじゃーっと入れて体にかけたりっていう遊びしかしてなかったの。

いきなりの成長ぶりにママはちょっと感動。おかげでゆだったけど。


 


そんな成長したポコに何をクッキングしてるのか聞いてみると




「クッキーみたいなもん」




何そのいい加減さ。あまり成長を感じません。



しかしそのいい加減さに気付いたのか、すぐ

「あ、ちがった」

と訂正。
何に訂正されるのかと期待していると



「クッキーアイドルつくってんの」




・・・クッキー・・・アイドル・・・。




正しくは「クッキンアイドル」だけどね。

http://www.nhk.or.jp/kids/program/main.html


しかもクッキンアイドルはれっきとしたアイドルでクッキーじゃないけどね。


(ちなみにポコは「マインちゃん」がマインちゃんの隣でフヨフヨ浮いている妖精のミサンガのことだと思っている)



しかしこれまたおかしいと気付いたのか

「あ、ちがった」


そして


「きゅうり つくってんの。おみずをパラパラするの。はいママどうぞ」




・・・きゅうりですか・・・。お水をパラパラ?




ま、いっか。細かいことは気にせずいただきまーすと食べようとすると



「まだ たべちゃ だめ!」



と、止められた。




「これしなきゃ」



と何するのかと思ったらお風呂場の呼び出し音を一回鳴らしてから



「できたよーママどうぞ」



とようやく食べる許可を出された料理は最終的になんだったかというと





やっぱりきゅうりでした。


 



というのを45分間やってですね。



さすがの私ももう熱くてつかってられず先に出たけど



ポコはまだ出たくないと遊び続けてました。



お風呂入る前は入らないと号泣してたくせに。




しかしきゅうりって・・・。渋いね。



A倉さんという先輩が私のことを「野菜ばか」と呼びますが


その遺伝子をポコはうけついだようです。


(きゅうりをそのまま半分に折ってポコとボリボリ食べたりしてます)


次のレベルアップ時にはどんな料理を作ってくれるのか。
ポコの成長に乞うご期待。

 


posted by emi_tulip at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

親のジレンマ

前回の記事で
パパに対して偉そうな態度をとるポコのことを載せましたが

本日の朝の出来事。


パパが珍しくポコの

「おきるの じかんだよ」

の呪文を唱えてすぐ起きれたのに対して


「わぁーパパ ひとりで おきれたんだー すごいねー」


と、まるで嫌味かっていうくらい、えらくびくっりしておりました。

なんかやっぱり偉そうでした。

 

そしてその次に私に対しても偉そうなポコのことを載せましたが

つい先ほどの出来事。


私がポコの指についたポコの鼻くそを(なんかこればっかね)
ティッシュで拭いてあげてたら


なぜか



「もーっえーみーっ」



としかられた。


・・・ひどい・・・


「なんでー?!」

とこっちも反論したら


にやっと笑って


「パパのまねー」


だとさ。


私の真似ではなくてやっぱりパパの真似でした。

これはいかんね。


ポコが偉そうにしてるのはたぶん親の私たちがお互いに対してや

ポコに対して偉そうに話すからなんだよね。

だから私たちがそれをやめればいいんだろうけど

それはそれで難しい・・・


どうしたらいいんでしょうかね。うーん・・・ジレンマ

posted by emi_tulip at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

パニックお味噌汁

ポコは昔から何か一つの食べ物に何かがついてるのが嫌い。

例えばカレーライス。

お付きの人の私はポコ姫にライスとカレーエキスにつかった野菜たちを

分けてサーブしなくてはならない。

もはやカレーライスでもなんでもない。


例えば朝ごはんによく作るオクラとトマトとエノキサラダ。

大好きなトマトに大好きなエノキが1mmでもつくのもダメ。

もちろんオクラもオクラで別に食べる。



そんな変な癖を持つポコに、この間お味噌汁をあげていたときのこと。

その日のお味噌汁の具はわかめと大根。
どっちの食材もポコは大好き。

途中で自分でお箸を使って食べるのに飽きたらしく

「ママがたべさせてあげるーっ!」


とキレたので

(ちなみに人にものを要求するときはすべてこの偉そうな文法。)

仕方がないので私があげることに。


私もやる気がないので適当にあげていたらしい。


突然ポコに



「ワカメがあぶないーっっっ!!!」



と叫ばれた。



何かと思えば



たんに大根にちょーっとだけワカメがついてただけだった。





・・・・・・・・。





さすがパニック物をお得意とする女優ポコ。

大げさな。






でもさー。

納豆だけはご飯に混ざっててもいいみたい。


やっぱりよく分からないおかしなポコ姫なのでした。

posted by emi_tulip at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

独裁者以上のクイーンポコ

先日ポコと想像いないいないばぁキャラたちとの会話のことを載せたときに

傘のサイズの話をしましたが

どうもポコにとって想像キャラたちはミクロサイズになっていることが判明しました。


数日前ポコと一緒におままごとをしていたとき

ポコは「はいワンワンミルクどうぞ。ことちゃんもどうぞ。ウータンもどうぞ」

3人にコップを渡すふりをしたんだけど


コップの位置が床下1cm



小さすぎです。



毎日傘が「小さい」理由がよく分かりました。



そんなサイズ勘違いポコは最近「言い張る」のが得意になってきた。

例えばこの間の朝ごはんのとき。(なんか朝ごはん中の出来事多いな・・・)

レーズンパンを食べていたら

ポコが自分のパンを指さして


「あっくるぱん」と言いだした。                   


たまにこの言葉使うんだけどなんのことだか不明。


ポコに「これはあっくるぱんじゃなくてレーズンパンだよー」と説明すると



「あっくるぱーんーっ!!!」



ママ「はい、分かりましたお嬢様!これはおっしゃる通りあっくるぱんでございます。」って感じ。


それで納得してご満悦になったお嬢様、今度は持ってるパンの形を見て


「まるい」


と得意げに言った。


ポコ、それはどっちかというと四角だよ。とコメントすると



「まーるーいーのっ!」



はい、丸いでございますお嬢様!



ってな感じでクイーンポコにかかると

四角いパンも丸くなる。

まるでどっかの独裁者のようです。


もちろんいつもの
「わんわーん あめ ふってるー」

「降ってないよ。晴れてるよ。」
なんて返事しようものなら

「ふぅってるのーっ!!」

です。
天気さえ変えてしまうクイーンポコは独裁者以上に無敵です。


今日の話しはこれでおーしーまーいー!

posted by emi_tulip at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

ポコ・ワールド

数日前朝ごはんを食べている最中
突然わが娘ポコがちょっと上向き加減で頭をふりふりし始めた。

踊りでもしてるのかな?と思って何をしているのか聞いてみると




「口でウータンかいてるのー」




・・・口ですか・・・



相変わらずおかしい娘です。


ま、たまに空に絵を描いてあげる私のちょっと発展版なのかもしれないけれどね。



さて今日はそんなポコとほぼ毎日のように行われる

ママの物まね「いないいないばぁ」キャラたちとの会話をどうぞ。



「いないいないばぁ」の誰かの真似をしながらママ:

「ポコちゃーん歯磨き一緒にしよー」


ポコ「いいよー」(たいてい数分は格闘するんだけど長くなるのでカット)



歯磨き開始



ちょこちょこ歯ブラシを手で押し出しながらポコ:

「わんわん あめふってきたー」


・・・毎日歯磨き中に雨降ってきます。



ワンワン物まね中ママ(この先ワマ):

「わーそれは大変だぁ。わんわん傘持ってないなぁーポコちゃん持ってるー?」



ポコ「うん もってるー。ほら!」と片手を上にあげて傘を持ってるふり



ワマ「わーポコちゃんすごーい。かわいー。何色の傘?」



ポコ「あかー!」最近までピンクでした。



ワマ「わんわんもいーれーてー」



ポコ「うん いいよー」



ワマ「わぁ大きい傘だねぇ」



ポコ:




ちいさい!




・・・ワンワンはみだしまくっちゃいますけど!

 

と、こんな感じで毎日同じような会話が歯磨き中に行われます。

ちょっと歯磨きが長引くと

「わんわん まっくらになっちゃったー」

というのもあります。

もちろん真昼間で晴れまくってる日でも
ポコちゃんワールドでは「まっくら」になります。


そしてお分かりのとおり、まったく歯磨き進みません。


なんで毎日毎日雨降ってきて傘さしたり

真っ暗になっちゃったりすのかは母親の私でも分かりません。



もう少しポコが大きくなったら聞いてみよう。

「ちいさく!」

(というポコの声が聞こえてきそうです)



オマケ

CIMG3788.JPG

“Tree”だそうです。



幹はおままごと人参の一部。

上はトマト。

なんの木?
posted by emi_tulip at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

レベルアップ・・・?

昨日の夜ごはんの時。
自分が食べていた納豆ご飯を指さしてポコが言った。


“I like this!”


初めての英語の文章です。

 
ポコすごいじゃーん!と褒めまくったその少し後
ポコは

「ママのひざー!

と騒ぎ始めた。


ポコは最近とても甘えん坊。

夜ごはん中ママやパパの膝の上で食べたいと毎食大騒ぎ。

食べさせにくいし、危ないし

ポコはさすがにもう重いから太ももの血は止まるし

私は家ではなるべく膝の上で食べさせなようにしています。


その夜も「だめー」と拒んでいる私と

「ママのひざー!」と大騒ぎのポコの一方通行かと思いきや

突然


「やっぱりママのひざがいいなあー」


と言われた。






・・・・・そうなのぉ?!なんかかわいいからいいよぉー!



とついつい許してしまった。


そして「やっぱり」なんて言葉使うの初めて聞きました。

文章操り度かなりレベルアップ。



そんなレベルアップなポコちゃんですが

やっぱりうまく言えない言葉もあります。

こんなの↓




@ りっくぼっこり

リック・ボッコリー?

映画俳優?かと思いきやいや、思わない

これはなんと「ブロッコリー」。

昨日も「クッキンアイドル」で

マインちゃんが作ってたブロッコリーサラダを観て

「りっくぼっこりークリスマスケーキたべたいなーっ!」

と騒いでいた。

なんか色々間違ってた。

   

  A なかなかしい
  
  たいてい

「ウータンなかなかしいね」

という風に使われます。

訳:「ウータンを描くのなかなか難しいね」

  ポコってば相変わらずウータンばっかり。

  B どんぶり


  「どんぶりころころ どんぶりこ〜」

歌の内容が違っちゃってます。


C   おきるのじかんだよ

  「ぱぱぁーおきるのじかんだよー」ぺしぺしパパの体やら頭やらをたたく音→オーバーにした私の真似

  という風に、たいていパパより早く起きるポコちゃんは

  こうやってパパを起こしてます 

本人はちゃんと言ってるつもりらしい。
いつになったらちゃんと言えるようになるのかなー。
かわいいからずっとこのままでもいいんだけどねー。いや、よくない。


で、話は戻るんだけどね、

昨日「やっぱり」なんて言われちゃってうれしくなっちゃったママは

ポコを膝に乗せて食べさせたわけなんだけど

結局牛乳を大量に膝、椅子、床にこぼされて

一気に不機嫌になりました。


「牛乳こぼしてごめんなさいは?」と怒ったんだけど

「ぎゅうにゅうこぼしてごめんなさい」
と心のこもってない感じでかるーく謝られて

不機嫌レベル下がらず。


ママは早くこういうことの理解度レベルアップしてほしいな〜。

なかなかしいかな〜。
posted by emi_tulip at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

謎の言葉

この間のブログで
ポコが新たな謎の言葉を言うようになったと言いましたが


その言葉は


「おおきまち」



なんのことだかさっぱり分かりません。



どういうときに言うかというと



「わんわーん、おおきまち」



これだけじゃ全然意味不明ですよね。



ちょっと説明しますとですね

ポコは大の歯磨き嫌い

歯磨きの度に大騒ぎ。

毎回キッチンやリビングで

私と「歯磨きしてレスリング大会」を繰り広げています。

(ちなみにオムツ替えのときは「オムツ替えしてレスリング大会」です。)

で、なんとか歯磨きを楽しくさせようと

私があの手この手を使ってですね、最終的に落ち着いた技が



物まね。



私がポコの好きなNHKTV番組のキャラの物まねをしながら

歯磨きをするという

大変疲れる技なんだけど

これがけっこう効果あり。


あるとき「おかあさんといっしょ」の「ぐーちょこらんたん」

http://www.nhk-character.com/chara/gutyoko/

4人の物まねでこんな感じのことを言ったら

「ポコちゃーん。私たちと一緒に歯磨きしましょう!」(アネム)

「ズズもポコちゃんと歯磨きしたいな」(ズズ)

「ぼくも磨くよ〜」(スプー)

「おいらも磨くぜ〜」(ジャコビ)


「うん!」と大変楽しそうに歯磨きをさせてくれたのがことの始まり。


しかし今年に入ってすぐ

「ぐーちょこらんたん」達に飽きたらしく

ある日突然


「ワンワンもはみがきするー?」


と聞かれた。
しかたがないので

「するよー」とワンワンらしく答えたら

今度はすっかり毎度おなじみ「いないいないばぁ」

http://www.nhk.or.jp/kids/program/inaiinai.html#chara

のキャラクターたちに私がならないと歯磨きをしてくれなくなった。

余談ですが「ぐーちょこらんたん」のときは

ジャコビの人気がいまいちでなかなか名前を呼んでくれず

ようやく呼んでくれるようになったと思ったら


「おいらー」


と呼んでた。(ジャコビは自分のことを「おいら」と言う)



で、なんかこの物まね、ポコは大変気に入ったらしく

普通に家で遊んでるときでも突然「わんわーん」とか呼ばれて

私がワンワンとして会話しないと永遠に「わんわーん」と呼ばれ続けるようになってしまったのね。


そんなある日。


「わんわーん」


と呼ばれたので「はいはーい」

とワンワンになりきって返事をしたら

にこーっと笑って


「おおきまち」



毎回毎回「わんわん」の後に言うんだけど

「おおきまち」ってなにー?!



しかしですね、この物まねね、家の中では私も気にせず楽しく物まねできるんだけどね、

外出先で突然「わんわーん」とか「うーたーん」とか「ことちゃーん」とかって

私に向かって言うのね。


返事しないと本当に永遠に呼ばれ続けるので

(しかも呼ぶ声がクレッシェンドする)

こっそり小さな声で「はいはーい」とかって返事するんだけどさ。

知らない人からすると「何あの人」状態よ。

恥ずかしいからやめてほしいよっ。

 

なのに私ったら一昨日、新たに物まねを追加してしまった。

それは

「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」

http://www.nhk.or.jp/kids/program/main.html#chara


クッキンアイドルってなんじゃそりゃって感じでしょ。

ポコはここ2日くらい見続けててけっこうお気に入り。


番組を見たことある人は知ってると思うけど

このマインちゃん、とっても美少女。声もかわいい。

話し方もかなりのアイドル。


なのでね、はっきり言ってこの物まね、似てない。


というか真似するなよ私。って感じ。


でも


「マインが今日の夜ごはん作ったのー。食べてねー」


とできるだけかわいく言うと



「まみこちゃんが つくってくれた」


とポコは喜んで食べてくれるのです。


ていうか名前間違ってるし。


・・・「まいんちゃーん」と外で呼ばれないことだけを祈るばかりです。

 



で話は戻るんだけど

「おおきまち」

ってなんだろー。

なんで言う時そんなに楽しそうなのー?

ワンワンと関係するのかなぁ?

誰か〜。分かったら教えて〜。


posted by emi_tulip at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

本日は内輪ネタ

私の大学時代からのとてもいい友人で
マユミというパワフルなレディーがいるんだけど

彼女にはテッチャンという旦那様と
ショウマ君というポコと同じ年の男の子がいます。

今日の昼間ポコが突然私を指さして


「てっちゃん」


と言いました。


「ちょっとぉ〜テッチャンは男の子だよ〜。似てる?」

と聞いたら

「うん。」

とお返事。

肌の色か?(二人とも黒い)


本当に分かって言ってるのかしら〜と思い


「てっちゃんは誰のお父さんか覚えてる?」


と聞いてみると



「ショウマくん」



とちゃんと答えるではありませんか。


ポコは年末ショウマ君に会ったとき

自分のレーズンを分けてあげたんだけど

その時ショウマ君はポコの指から直接レーズンを食べてました。

イメージは小鳥の餌やり。

そんなラブラブ(?)な仲なので覚えてたのでしょうか。

なのでついで(?)に


「ショウマ君のママは誰だったか覚えてる?」


と聞いてみると、ポコは数秒考えた後



「おはな」



と答えました。



 



ショウマ君のママは「おはな」





当然、私の頭の中には大きなお花の真ん中にマユミのニコニコ微笑んでる顔が。




でも今思えば


「お花」


だったのか


「お鼻」


だったのか。


あぁ頭の中に今度は大きなお鼻の真ん中にマユミの顔が。

 


・・・・と、相変わらず意味不明でひどいポコの内輪ネタ話でした。ひどいのは私か?

posted by emi_tulip at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

「アンケロついに解明!」

ついに「アンケロ」の謎解けました。


「アンケロ」・・・


思えば長かった、ここまでの道のり・・・

パパだったり、お庭に落ちてる草だったり、色々な物であったけど


なんと






アンケロの正体は・・・






「あるけど」




・・・・え?

それだけ?


あんだけひっぱっておいてそんな?


そうなの本当にかなりアンチクライマックス。


でも分かったときの私は

みんなに見せてあげたいくらいかなりの大喜びでした。


なんで分かったかというとですね

ちょっと説明が長くなるんだけど

ポコがたまに観るNHKの子供向けTV番組で

「みぃつけた」というのがあるんだけど

その中で、題名忘れたけど

トータス松本が歌ってる番組のテーマソングみたいな歌が流れるのね。

で、その歌が流れてる間

バックには子供たちが原っぱで遊んでる映像が流れるんだけど

その子たちはエッグハントをして遊んでるのね。


これは3日前の話なんだけれども

その歌が流れてるとき私はキッチンで夜ごはんの支度をしてました。

夜ごはんの支度のときだけはテレビを見せないと


「ママといっしょにあそびたいなぁー!!」

と大騒ぎされるので。

ちなみに話せるようになる前は

キッチンとリンビングの間に立てた柵を

動物園の類人猿のように体を使ってガンガン揺らして

たまに柵がはずれてポコごと倒れるほどの大騒ぎでした。



とにかくですね、台所にいるときに突然


「ママ、あんけろ」


とリビングから言われたのです。


ちょうどその二日くらい前に

「ポコ、最近アンケロって言ってないけど、アンケロってなんだった?」

と聞いたばかりだったから

(もちろんその時も答えはでなかった)

びっくりして振り返ると


「いろいろ あーるけどぉ♪」

とトータス松本が歌う歌が流れ

バックには鳥の巣に入ってる卵を子供たちが見ている映像が。




・・・数秒の間、その歌詞と映像が私の頭を流れ・・・・・







あーるけどぉ・・・・あーうけおぉ・・・あーんけおぉ・・・あーんけろぉ・・・

あーんけろあんけろー?!



鳥の巣に使われてる草がお庭の枯れ草か?!



 



きんこんかんこーん!!!



 



・・・その夜、パパに大興奮で話したら

 

「でもそれほんとなの?」



と言われた。



 



たしかにね。


いままでがいままでだしね。



でも私の中でこれで「アンケロ」は解決!

気分はさっぱり爽快!

 

・・・のはずなんだけどね・・・
今度は新たにまた分からない言葉が出てきたのよね。

それは次回のブログで。



 


・・・で結局「パパあんけろ」
ってなんだったんだろうね・・・(心の中の声)

気にしない気にしない!
posted by emi_tulip at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

今日もユニークなポコ

昼間ポコを私の膝の上に乗せてノンタンを読んでいたら

突然話しの途中でスクッと立ち上がって

そこからいきなりホットカーペットの上をスライディング。


何事かと思いながら「眠いの?」と聞いてみたけど

首をふるだけでその後しばらくそのままの体勢で停止。


そしてまたいきなりムクッと立ち上がり、開いていたノンタンのページの

くまちゃんを指さしました。

       ↓

CIMG3763.JPG


本日もなりきりポコは健在です。


この後すべてのキャラクターの真似をしてくれたのは言うまでもありません

やはりパニック物がおはこのようです。



本日のブログは、そんな

なりきりポコの昨晩の「おはなし」をどうぞー。

 

ママ「むかしむかしあるところにオサカナさんがいました。」

今日もお魚さんをリクエスト。



ポコ「それでねーボクねー くろいオサカナさんなのー」

もうお分かりだと思うけどこの先ママの出番なし。


「それでねーボクねー しろいオサカナさんです」

どっちなのかい。

「カモちゃんもー」


「はくちょうさんもー」


「とりさんもー」

「いるのー」


 


「いる」


「ね」

は、はい。

                                               

「みんなで あそぶのー」

 

突然ですがここでパパが帰宅し、「ゲーッ」っと激しくうがいをする声が。



ポコもそれに気づきハッとして


「パパ。」


そして少し「うーん」と考えてから

「・・・カモちゃんかもねー」


確かにパパのうがい、カモっぽかったよ。


「ね」

はい。 カモかもです。


そしてその直後、なんの前触れもなくいきなり私の目に指をつっこみ


「わははははは」


と笑った。


本当に「わはははは」って笑った。



 



 



・・・で、結局オサカナさんはどこへ。。。

 

毎日とんじゃってるポコちゃんでした。

posted by emi_tulip at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

なりきりポコ

ずいぶん前からポコの変な癖というかしぐさで
長いこと気になってたことがありました。

それはたいていご飯を食べているときや
絵本を読んであげているときに起きていたもので
突然だまりこくって、ものすごく恐い目つきで

横を眼だけで見る、というのでした。

まるでホラー映画に出てくる悪魔に魂を奪われた子供みたいで

けっこう恐くて神経性の病気じゃないかと

ちょっと心配してたんだけど・・・


ようやく最近その謎がとけました。



謎の答えは




なんと



 

 

役になりきっていた。

というもの。



 

どういうことかというと



その時読んでた絵本のそのページに出ているキャラクターの

顔真似をしていたのです。




で、なんでご飯中も?


2歳になってついに会話が成立するようになったので

ポコに聞いてみると・・・



 




「ままの まね」



 


・・・・・・・。



 



 



私そんな恐ろしい顔でご飯食べてるんだぁ・・・。

確かに富士山口で、黙ってるとよく人に「怒ってるの?」

聞かれたけど・・・そうか。そうなのか。

・・・ちょっとショック。




そしてなんとこの頃は顔真似だけじゃなく

体を使ってキャラクターの動きまでつけてくれるようになりました。


どういうことかというと、たとえば

みなさんご存知「ノンタン」シリーズの表紙を開くと(裏も)

そこには必ずこんな↓百面相なノンタンがいます。


CIMG3753.JPG





サービス精神旺盛なポコはこれをぜーんぶ真似してくれちゃうんです。


よく見るとこんな感じで↓ノンタンけっこうすごい顔やポーズしてます。

CIMG3754.JPG



それはそれはしっかりものすごい表情&ポーズで真似してくれるので

ここに証拠写真を載せちゃうとお嫁にいけないな絶対この子は。って感じです。

なので載せないけど面白いからほんとは載せたい!



そんなノンタン顔&動作真似フリークのポコがお得意とするのはパニック物。


こんなのや

CIMG3755.JPG




こんなのの

CIMG3757.JPG



全キャラクターの真似をしてくれます。


 

これはこの先どのようにして発展していくのでしょうか。

やっぱり絵本にないセリフを勝手に入れてアクションするようになるのかな。






しかしね、ポコ。

自分がやった後、半分くらいの確立で

「ママも〜」って言って私に強制的に真似させるのやめてくれる。結構楽しんでやってる私も私だけどさ。

ママはもうお嫁にいっちゃってるからいいけどね。

posted by emi_tulip at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

おはなし

本日のブログは、つい先ほどポコ姫を寝かしつけるときに行われた

最新のポコとママの会話をどうぞー。

 

今夜もポコに「おはなし」と、お話をするようにせがまれました。


ママ「なんのお話にする?」


ポコ「きんぎょさん」  でました、金魚さん。


ママ「むかしむかしあるところに金魚さんがいました。」

「大きな水槽に一人でスイスイ泳いでいました。ところがある日、」


ポコ「おおきな おさかなさん きました」

 いきなり割り込み


ポコ「カモンカモンしました」 外人のお魚さんだったのね


ママ「どっちのお魚さんがカモンカモンしたの?」


ポコ「おおきい おさかなさん


ママ「そっかー」


ポコ「きんぎょさんもカモンカモンしました」 金魚も外人


ポコ「はくちょうさんもきました」 どんな水槽だ


「くまちゃんもきました」 もうなにがなんだか


「いしをなげました」 なんかいきなり暴力的


「ぽちゃーんぽちゃーんってなげました」


「わーいたのしいー」


「ままとぉ〜 パパとぉ〜 ぽこちゃんとお〜 ままとぉ〜 パパとぉ〜 ぽこちゃんとぉ〜 ジャッキーとぉ〜しました。ね。」 

(ジャッキーとはある絵本に出てくるクマさんの名前です。)


「おさとう はいどうぞ ってするのね」


ジャッキーが絵本でお砂糖をアリさんにあげるのでそれを盗作したもよう。


「プーさん は みがかなきゃね」 いきなりすぎ


唐突にネンネしているプーさんぬいぐるみの歯を磨きを始めました。


「プーさん ごしごし。かわいそうだね。ね。」


何がかわいそうなんだかさっぱり。



結局この後、プーさんに毛布かけてあげて

自分も寝るといういつものパターンで寝につきました。


ママの出るまくなし。

こうやって大人になってくのかしらね。いや、たぶん違う


ますます成長が楽しみなポコ姫作の物語でした。

posted by emi_tulip at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ポコの成長

ポコが動物の名前を少し言えるようになった頃から
朝ごはんのパンがワンワンになったり
コンコン(きつね)になったりしてたんだけど
最近は語彙が増えてパン・アニマルたちの種類も増え
急激にレベルアップ。


ではここで成長したポコ嬢が
先日の朝ごはんに繰り広げた一人芝居の一部始終をお送りいたします!



食パンをパクッとする。

「こんこん」

ぱくっ

「・・・おめめ たべちゃったぁ」(この間の魚みたいだね)

と悲しんでるわりに速攻ぱくっ

「わんわん」

すかさず、ぱくっ

「りすさんだぁ。・・・・りすさん うーたん かける〜?」
(ママは一日百回くらいウータンを描かされてます)

リスさんになりきったポコ:「うん」

「かけるって〜」(とこれまた唐突にママに報告)

そしてママが反応する間もなくリスさんが食べられる

「とりさんっ。ぴよぴよぴよ。」

突然数秒の沈黙






「・・・・・もっともっと こんこん あいたかったーっっっ!!!!」




アクトレス・ポコ逆切れ。
自分で食べたんでしょうがーっ!ていうか会いたがるの遅くない?
とママのつっこみが入ったところで
一人芝居、終了。


ってな感じで朝ごはん中は次々と
かわいい動物が怪獣ポコに食べられては
新しい動物に生まれ変わって最後は逆切れ。


しかーし、週末パパが目撃した一人芝居は
こんな感じでレベルアップしていたそうです!


「うさぎさん ぴょんぴょんぴょん」(パンを跳ねさせて遊ぶ)

ぱくっ

しばしの沈黙


「・・・・うさぎさん おうち かえっちゃた」



逆切れ主義がご都合主義にレベルアップ!なのか?


日々、成長するポコ嬢の話でした。
posted by emi_tulip at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

ポコ嬢の批評

昨日、朝ごはんを食べているときに突然ポコに




「まま、ふくだけ かわいいね〜」





と言われた。






ママ、服だけかわいい






だけ
     だけ
      だけ
    
          だけ

            ・・・・・・・・
・・・・・










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。











そして今朝。


また朝ごはんを食べている最中にポコにこう言われた。





「まま ちょっとだけ かわいいね〜」




あ、ありがとう〜・・・
と思わずお礼を言ったけど
なんかあんまり褒めてないよね?




2歳児にして既に同性に厳しいポコ嬢でした。
posted by emi_tulip at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

謎解明パート1

ついに「あんけろ」の正体発覚!
正体は・・・・・







これ
SBCA0805.JPG




・・・・・・・



なんのことだか分からないですよね。
裏庭で一緒に遊んでいたときにポコが
「あんけろ」
と言って拾ったのは写真中央にある
逆L字になってる枯葉。。。。


これが「あんけろ」だそうです、皆さん!!!



・・・・・・


さっぱり意味が分かりません。


なんでこれが「あんけろ」?

なんだか逆に謎が深まった気がするのは私だけでしょうか。


・・・・・・・



あんけろってなによーっ?!?!?!
結局最初に戻ったよ



posted by emi_tulip at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

子供ってすごい

ポコは最近オサカサンが大好き。
(ちゃんと「おさかな」と言えるようになりました)
今までは動くお魚さんが好きだったんだけど
最近は食べるお魚さんも好きになってきました。

2日ほど前、夜ご飯に真いわしの塩焼きを出したところ
普段は切り身が多いので
「わぁおさかなさんだぁ!たべたいなぁ!」
案の定大興奮。

生きてるお魚さんが好きでもおいしいのは食べる。
その辺、子供はいつごろおかしいな、と気づくのかな、と思いながらも
さぁ、どうぞ召し上がれ!
と身をすくってあげようと思ったその瞬間、



「おめめ たべたぁい!」


ときた。




ぱーどん?!

PARDON?!



ママはびっくりですよ。
思いっきり聞きなおしましたですよ。

おめめ?!
目が食べたい?!


どこからそんな発想が?!
というか、お魚さん、、、好きなんだよね・・・
でも目、食べちゃうんだ?
とちょっと複雑な思いで動揺していたら

「ほんとだーおさかなさんだーかぁわいいー!!」
とまた興奮。

・・・かわいいんだ・・・

でもやっぱり目は食べるんだ・・・
生きてる魚が好きなのに
丸ごとのお魚食べてる時点でおかしな話なんだけど・・・
でも目、ですよ、皆さん!


子供って・・・
すごいよね。



しかーし。
結局ポコは目を食べたいと騒いだだけで
取り出してあげたら口にしませんでした。
なんなの。


posted by emi_tulip at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

ポコの大発見

二日前のこと。

粘土でウサギさんを作ってあげたら
「かわいー!いっしょにぴょんぴょんするー!」
と粘土ウサギを両手で持ってぴょんぴょん跳ね始めた。
でも粘土なので跳ねる衝撃であっという間にちぎれちゃって
「なんかへん!」と悲しんでたので
じゃあミッフィーもウサギさんだからミッフィーと一緒にぴょんぴょんすれば
とお気に入りのミッフィーぬいぐるみを差し出したら
喜んでミッフィーとぴょんぴょん。
あまりにノリノリだったのでこの隙にお昼ご飯を作ろう!
と台所に立ってたときのこと。
突然「ままぁー!」と呼ばれた。
何かと思ったら


「みっふぃーあいぶらう ない!」






あいぶらう=eyebrow=まゆげ



ママ、確認。


ほんとだ!



でもどうでもいい!


ポコの大発見でした。



CIMG3684.JPG

うわさのミッフィー。

「ほらぁあいぶらうないでしょ、ね黒ハート」byポコ
posted by emi_tulip at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

人まねポコ

近のポコ様は大変おしゃべり。
でもまだ人の真似をしておしゃべりをしている。
どこかで聞いたことある話し方だな?と思ってよく考えると
私の口調の真似をして話しているということに気づいた。
それはたいてい微笑ましいんだけど
(私の話し方が数百万倍かわいくなってる)
たまにぎょっとすることを言ったりして自分の話し方について大変反省する。

まだ東京に住んでいて夫が仕事も飲みも、ものすごく忙しかったころ
ほぼ毎週末と言っていいくらい私が朝、夫に
「(夫の名前)何時に起きる?朝ごはん食べるの?」
と聞いていたせいか、ポコはパパより先に起きると
「あっひっろ〜(夫の名前を言ってるつもり)なんじおきる〜?あさごはんたべる〜?」
と聞く。
何故かポコが言うと語尾にハートマーク&首かしげジェスチャーがついて
とってもラブリー。
そして私は少々不機嫌にドスのきいた声で聞いていたのに対してポコは
一オクターブ高めで聞くもんだからこりゃまたラブリー。
そりゃあパパもすぐ起きてしまうってもんよ。


ま、これはかわいいからいいんだけど・・・
これは私、少し反省しました。

「そうだそうだわすれてた〜。ママかぎわすれた〜。きょうもハンカチわすれた〜。」


・・・・・・。
私ってしょっちゅう鍵やらハンカチやらを忘れてるんだね。。。
「そうだそうだわすれてたー」は
ポコはちゃんと自分が何かをするのを忘れてたりする時に使うんだけど
たまに「鍵」やら「ハンカチ」忘れたなどと余計なことを言ったりします。
そしてたまーに
「ポコちゃんごめんねー」と思いっきり私の真似をします。
嫌味?



そして極めつけはこれ。
これはねーママはねーほんっとーに言葉遣いに反省しました。

新しく引っ越した場所は、そりゃ畑やら山やらと自然はたくさんあるんだけれど
何故か公園がめちゃめちゃ少ない。
あっても今世紀にこの公園で子供は遊んだのか?ってほどさびれてるし
いつ行っても誰もいない。
みんなどこで遊んでるのーっ?!と叫びたくなるほど。
東京に住んでいたころは毎日のように
大きなアスレチック付きの公園に行ってお友達と遊んでいたので
ポコは少々欲求不満気味。
そして先日、その不満が限界に達したのか
突然、朝ごはん中、唐突にこう言われた。


「だってブランコのりたいじゃーん?」




・・・・・。






じゃーん?!





首かしげててかわいいけど。

そしてたまに
「だってだってだってだって」

「だって」が五回くらいきてしかも高いかわいい声で
とってもラブリーだけど。

そうよね、確かにママは語尾に「じゃん」をよくつけてるよ。
ポコの首かしげジェスチャーがついてどんなにかわいくても
「じゃん」は「じゃん」だ。

これを言われた瞬間、目を大きく見開いちゃったよママは。

これからますます人真似を外でするようになるんだろうから
ほんっとーに色々気をつけないといけないじゃ-ん?!と反省したママなのでした。

じゃんじゃん。
posted by emi_tulip at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

「あんけろ」の謎は深まるばかり

今日も出ました「あんけろ」。
しかも今日は複数回!

最初は朝ご飯を食べてる最中に、外を指差して
「ぱぱ、あんけろ」。

2回目はポコが、我が家で飼っているウサギのオチャが
新しくケージに入れてあげた藁のお家を破壊している姿に
大うけしている最中。突然
「おちゃ、あんけろ」。

最後は夜、寝かしつけているとき。

「まま、あんけろ」

お初です!
初めて「あんけろ」と言われたので
「ママあんけろなの?」と確認したら
「うん」と言うので
「ポコちゃんはあんけろじゃないの?」と聞いたら
ポコは自分の胸に手を置いて
「ぽこちゃん、あんけろ」。




あなたも?!
謎は深まるばかり!


なので更に深く追求してみることに。

その後の会話:

ママ: 「ポコあんけろなの?どこがあんけろなの?」

ポコ: (ニコニコしながらおなかに手を置く)

ママ: 「お腹があんけろなの?どれくらいあんけろなの?」

ポコ: (少し考えてから) 
     「・・・3分くらい」




意味がまったく分かりません!


結局「あんけろ」が何か分からないままポコご就寝。
(しかもかなりぐずった後)
ママは気になって寝れません!
夢に出そう〜。
謎が解かれる日はくるのでしょうか。。。
posted by emi_tulip at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謎の単語

突然ですが家族で長野県に引っ越しました!
夫の転勤で都から田舎に移住〜。
今まではマンションやらビルやらが景色だったんだけど
今は周りを見回すと、田んぼやら山やら一軒家やら田んぼやら山やら一軒家。
というか家の裏庭の向かいは田んぼ。
新しいお家のお庭は虫パラダイスなので
虫大好きガールのポコは毎日とっても幸せ。
バッタを見つけては
「バッタさーん、つんつん」
と、バッタをつんつんして跳ねさせて遊んだり
(バッタが途中で疲れて跳ねるのやめてもつつくのでつぶしてしまいそうでママは恐い)
クモさんを見つけては
「クモさんまってぇー!どこいくのぉー?」と後をおっかけて問いかけてます。

最近は山の紅葉がとても綺麗で
空気もいいしポコも「ままぁ、きもちいぃ!」と報告してくれます。
自転車楽しい〜!
ただ先週から急に寒くなってきたので
寒いの人一倍苦手な私にはちょっと自転車厳しくなってきました。

というわけでこれから長野県からポコ日記発信!

今日はちょっと時間が遅くて眠いので
最近ポコが言う謎の言葉を載せます。
パパもママも全然なんだか分からないのーっ。

@ あんけろ

用途:
「ぱぱ、あんけろ」

「あんけろ」って何?どこにあるの?
と聞くと機嫌よくたいていリビングか窓の外を指差します。
でもパパも「あんけろ」。

ポコーっ!「あんけろ」ってなにー?!?!



A ばっばっばーりー、ばっばっばーりー

突然楽しそうな顔をして発する。

理解不能。


これ二つとも引っ越してから言うようになったんだよね〜。
なんだろーっ。
誰か分かったら教えてーっ!
posted by emi_tulip at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
ポコ帰省 by ポコママ (08/21)
かわいい子には旅をさせろ by s. (08/11)
ポコパパの嬉しいこと by ポコママ (06/09)
ポコパパの嬉しいこと by s. (06/09)
考えごと by s. (05/26)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
過去ログ
2020年05月(1)
2019年11月(1)
2019年08月(2)
2019年02月(1)
2018年03月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(1)
2017年01月(1)
2016年12月(3)
2016年09月(4)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(1)
2016年04月(2)
2016年02月(1)
2015年12月(1)
2015年08月(5)
2015年06月(1)
最近の記事
(05/02)祝6歳
(11/10)釣り雑誌
(08/05)しりとりは難しい
(08/04)ミンミン五歳
(02/09)ほぼ一年ぶりの更新
検索
 
タグクラウド
カテゴリ
日記(85)
結婚(8)
寝言(5)
だじゃれ(2)
(4)
旅行(9)
誕生日(6)
アート(5)
お友達と(2)
パパ(14)
ママ(22)
言い間違い(13)
記憶(1)
姉妹(7)
ミンミン(25)
ポコ(0)
RDF Site Summary
RSS 2.0