2015年08月08日

びっくり緑

「抱っこして」のことを、ようやく
「だっこぉ」
と言えるようになってきたミンミンですが
一時期「抱っこ」が
「ぁっこ」
だったり
「こっこ」
だったり
しまには
「_んこ」
だったりしてました。

今日は、その「_んこ」の話し。

しかもミンミンではなくポコ姉さんの「_んこ」のはなし。

ちょっと前に私の習い事仲間と先生と一緒にランチに行ったときのこと。
ポコ姉さんがトイレに行きたくなったのに
私がミンミンを膝に乗せてご飯を食べさせてたので
先生がポコをトイレに連れて行ってくれました。
すると戻ってきたポコが
「ママ〜、_んちが緑色だった」
と報告。

しかも周りの皆さんお食事中ですがお構いなしのビッグボイス。

緑の_んちの想像がつかず、そう?なんて気にしないでいると
先生が
「ちょっとびっくりする緑だったね。何か緑色のものをたくさん食べたりした?」
と言われた。

え。

先生がそこまで言うということは、けっこう鮮やかな緑だった?!
と、急に心配になる母。→子供の言うこと信用しなさい、私。

私の頭はしばらく「緑の食べ物」で頭がいっぱい。
昨日の晩ご飯は何だったっけ?!

・・・・年なので思い出せないっ!

てな感じで、だいぶ年季の入った脳みそをボイルさせ
一生懸命、緑の食事を思い出そうとがんばるが
何も思い当たらない、というか、どっちかというと思い出せない。

なんかの病気?!
緑の_んちってなんの病気だっけ?
赤ちゃんじゃあるまいし、緑のウンチて何?!←パニックぶりを表すためごまかしのない表示にしてます。

そしてその瞬間。

思い出した。

前日のおやつを。

私たち、夏に引っ越すことになり
友人たちがお別れ会を、子供の遊び場付きカラオケルームを予約してくれたんだけど
そこは飲み放題付きのカラオケで(誰ひとりとして歌わなかったけど)
ポコは一人で
メロンスムージーを飲みまくっていたのだ!
しかも緑の着色料まんさいのメロンスムージーを!

よかったぁぁぁあああ病気でなかったよぉおおお!

というか、緑の_んちになるほどの着色料を使用しているのね、あの飲み物。
というか、どんだけ飲んだんだ、ポコよ。

なんにせよ、ホッとした母だったのでした。

今日はミンミンのかわいい話しから
ポコのちょっと汚いお話に移行したびっくり緑なお話なのでした。




posted by emi_tulip at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

あだ名

最近の私の食事は立食が多い。
と言ってもファンシーなレストランで立食パーティーとかではない。
文字通りの立食を家のキッチンやダイニングでしているだけ。
座ると、最近ちょっと食いしん坊怪獣化してきたミンミンが
私の食事&お食事タイムを奪おうとやってくるのだ!

それはさておき、ミンミンは私の友達の間で

〇スミン

と呼ばれている。


夫に、ミンミンがお友達ママたちに

〇スミン

と呼ばれている話をしてみた。

すると話がいきなり、
ミンミンが海外に引っ越したら
海外のお友達になんて呼んでもらおうか
という話に。
(外国人的にちょっと覚えにくい名前なので)

二人で頭をひねって考えていると
そんなことで頭を使わなくてもよい

夫が


「ジャスミンなんてどうかな」



とコメントした。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・。






「あの顔で!?」by提案した張本人の父&母




ミンミン両親爆笑。
ひどい親なのであった。





posted by emi_tulip at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

外国のお肩

ミンミンは最近なぜか長袖のパジャマから右肩を出すという行為をする。

それを見て、私がポコに
「遠山の金さんみたいだね」
と言ったら、誰それ?となったので

「悪いことをした人に
『この刺青が目に入るぬか!』
って言って肩を出して刺青を見せるんだよ。」
と、すごく色々省いているであろう説明。
しかし、それは
「この印籠が目に入らぬか!」
とごっちゃになってる?
と思った母の思いは
面倒なので押しつぶしました。

そして次の日の夜。

またしても右肩を出すミンミンにポコが

「山のキントンさんみたいだね!」

と思いっきり自信ありげに言ったのであった。

外国のお肩?!
ならぬ
外国のお方?!
一応ダジャレのつもり

その後もミンミンは
山のキントンさんになっている。
なぜ右肩だけなのか。
それは謎である。


posted by emi_tulip at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

強引な二人

ミンミンもついに一歳になりました!

そしてミンミンは

何かが欲しいとき

何かを渡したいとき
に使える

「はいっ!はいっ!」

を覚えた!
片手を、手のひら上にして相手にスッ!と突き出す動作でやってみよう。

そんな中、
ポコ姉さんもある本を暗記しました。
こぇ↓(ミンミン用語=「これ」)
IMG_0590_.jpg
Where is Baby's Belly Button

こぇ↑はミンミンが0歳のときから大好きな本。
でも英語なので、ポコ姉さんはミンミンに読んであげたいのに
読めない!と悲しがっていたんだけど・・・
ついに音で暗記に成功。

な・の・に

ミンミンのお気に入りの本が、こぇ↓になってしまった。
IMG_0591_.jpg
思いっきり日本語。

し・か・し

そんなことにめげる姉さまではない。

ポコが得意げに
「ミンミン、これ読んであげよっか!」
と、読み始める。

が、ミンミンは母の予想通り
「はい!はい!」
としろくまちゃんの絵本をポコ姉さんに差し出す。

が、そんなミンミンを無視して得意げに英語で読み続けるポコ姉さん。

が、そんな姉さんを無視して強引に
「はい!はい!」を連発して
絵本を差し出すミンミン。

二人、噛み合ってるのか、噛み合ってないのか!

さすが姉妹だなぁ、、、と感心した母なのでした。

結局ポコ姉さんが妹ミンミンの願い事を叶えてあげたのでした。
姉さん、本当に成長したなぁ・・・母涙






posted by emi_tulip at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

ばかだなぁ

ある日、ポコが唐突にこう言った。

「自分がばかだなぁ、と思うことがさぁ」

なんだかいきなり神妙な感じ。

小学生が自分のことをばかだなぁと思うなんて、どんなことだ。
とドキドキして次の言葉を待っていると

「ママにおねえちゃんのふりしてもらってたでしょ?」


おねえちゃんのふり。とはなんぞや。

「ママにプリキュアのおねえちゃんのふりしてもらってたでしょ。あれ、自分がばかだなぁ、って思う。」

そういえばあったね、そんなこと!
記憶が走馬灯のようによみがえる!

ポコがまだ幼稚園児だったころ、
ポコにいうことを聞いてもらうため←主に歯を磨いてもらうため
色々なキャラを演じてきました。
『おかあさんといっしょ』の着ぐるみたちやら←名前忘れた
『いないないばぁ』のワンワンとウータンやら・・・。

その中に
「プリキュアのおねえさん」
というなんとも曖昧なキャラがありました。

いや、最初はキャラ指定があったんだけどね。
だんだん演じ分けが面倒くさくなってきて←ひどい
私が声色を変えるのをやめたら
なんとなく察してくれたポコがおおまかにまとめて

「プリキュアのおねえさん」

にしてくれたのだ。←今思えばかわいそうだな、ポコ

その頃はもう「いうことをきてらう」という当初の目的のためではなく
なんとなくポコの遊び相手というか話し相手的な用途へ昇格なのか降格なのか

家の中でならいいんだけど
相変わらず自由人ポコは、よく公共の場で主に人の多いスーパーや公園
「ねぇ、おねえちゃん」
と私を呼んでいた。

恥ずかしいので聞こえないふりをしていると
ここぞとばかりの大声で
「おねえちゃんてば!」
と呼ばれるので
恥ずかしがってないで最初から答えてやればよかったと後悔する日々←自分よ学べ

「あのお母さん、自分の子供に『おねえちゃん』と呼ばせてるわよ」
とコソコソ言われてるのではないかと毎日気になってたなぁ・・・

って!ポコよ。
ばかだなぁ、ってママだよ、それ!

自分は確実に外から見るとバカみたいな人と思われていたんだろうなぁ、と思う母なのでした。


posted by emi_tulip at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

妹思い

ミンミンが産まれて数カ月経ったある日、
家に
ポコのお友達の
コウちゃんと
ミンミンと同じ年の弟、シュンシュンがいる
アンちゃんとシンちゃん姉妹が遊びに来ました。

あっという間に洗濯物を取り込む時間になり
私はお庭に出たんだけど
洗濯物と共に部屋に戻ると
子どもたちの雰囲気がおかしい!

ポコはミンミンを抱きながら大泣き。
お友達のコウちゃんがブスーッと膨れている。
そしてもう一人のお友達のアンちゃんも大泣き。

何があったのかとその場にいたアンちゃんママと
コウちゃんママに状況を聞くと
ポコが抱っこしていたミンミンの頭に
コウちゃんが誤っておもちゃをぶつけちゃったようで

ポコは
「ミンミンが死んだらどうするの!!コウちゃんあやまって!!」
と号泣しながら大怒り。

なんとかポコを落ち着かせ
なんでそんなに怒るのか理由を聞いてみると
ポコは
ミンミンが本当に死んでしまうのではないかと
すごく恐かったそう。

姉として、妹を守らないと、という意識がとても強いのね。


母、感動。


しかしポコにものすごく怒られている
コウちゃんがかわいそうで
ポコに小言を言わなくてはならず・・・

母、また泣きそうになりました。


そして、これは数日前の出来事。

ポコの歯医者に、母、ポコとミンミンの3人で行ったんだけど
診察から戻ってきたら
なんとゲリラ豪雨が。

あまりにもひどい大雨だったので
ポコとベビーカーのミンミンを連れて
歩いて5分くらいの有料駐車場に停めてある車まで
歩ける状態ではなかったので
受付で待たせてもらっていたんだけど
しばらくしてミンミンが不機嫌に。

ミンミンが泣き始めてしまい
受付で診察を待つ皆さんにも迷惑なので
ポコにミンミンを抱っこしてもらい、
車を取って歯医者まで戻ってくるから待っててね、と言い
大急ぎで駐車場まで行くことに。

その時、受付で診察待ち中の他のママさんたちが
抱っこしてましょうか?
などと、ポコとミンミンのことを気にかけてくれて・・・

母、感動。


なんかしてる場合ではなく
傘なんかあってないくらいの豪雨の中、
母は早歩きでギャーと叫びながら
ザブザブ車までいった!

母は恐怖の中、ギャーと叫びながら
ノロノロ運転で歯医者の入り口まで車をつけ
ポコとミンミンのところへかけつけた!

すると受付にいたママさんたちが
あのままポコとミンミンを見ていてくれていました。
そして
ミンミンが座っているチャイルドシートを持って
入口外に停めた車まで行こうとする私に
傘をさしてくれたりと

本当にありがたくて。

そしてこんな混乱の中
一人でしっかりミンミンを抱っこして見てくれたポコ。


母、またしても感動

みんなの助けを借りてファミリー3人無事、乗車。

あ〜よかった
・・・と母がホッとした瞬間
いきなりポコが号泣。

どうしたどうした、ミンミンと二人っきりになちゃって恐かったの?
と聞くと
首をふり号泣。

そのまま5分くらい号泣。

ようやく落ち着いた後
(それでも泣きながら)
教えてくれた。

私はいつも見てるからまったく心配してなかったんだけど
恐らくミンミンを抱っこしいてるポコの姿が不安定に見え
心配してくれた他のママさんが
親切心でミンミンを「抱っこしてあげる」「かして」
と何度もポコに言ったようで。

毎日のように母に、怪しい人に会ったらどうするか、
と復習させられてるポコは

姉として妹を守らなければ、と
このママさんが怪しい人で
ミンミンを連れて行ってしまうのではないかと
すごく不安だったんだって。

母、しつこく感動。


ポコ、お姉さんとしていつも頼っちゃってごめんね。
そしていつも妹を守ってくれてありがとうね。
ママは本当に心強いです。

でもなんだかんだいってポコはまだ一年生。
色々不安だったね。
本当にありがとう。

ミンミンが大きくなったら
ポコねぇちゃんがどうやって
ミンミンをいつも守ってあげてたか教えてあげようね。

これから姉妹関係で
母、感動
することたくさんあるんだろうな。

楽しい感動な毎日を送らせてくれてありがとうね。




ちなみに

最初の話でお友達のアンちゃんも大泣きしていたと書いたけど
その理由が

「コウちゃん、シュンシュンも泣いててかわいそうだからシュンシュンにも謝って!」

それは・・・

コウちゃんのせいではないな。
アンちゃんママ:「アンは関係ないでしょっ!」


そして

アンちゃんの妹シンちゃんが、
キッズとベビーちゃんたちが号泣していたとき何をしていたかというと

一人で楽しくおもちゃで遊んでいました。
平和だ・・・。


色んな意味で妹弟思いのお話でした。

おしまい。








posted by emi_tulip at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

ちゅうちゅ

ポコの学校でのプリント



R0013979_.jpg
ちゅう

ねずみ?

小1ってまだ面白い。
posted by emi_tulip at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 言い間違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

つっこみたくなる遊び

先日ポコが
大の仲良しのアンちゃんと家で遊んでいた時の二人の会話。


ポコ: ねぇプリンセスごっこしよ〜!

アンちゃん: うん、いいよ!

ポコ: じゃあポコ、猫ね!




母二人: プリンセスじゃないじゃん!


猫って・・・お城で飼われてる猫ってことか?

一年生ってまだまだおかしいです。

おしまい。
posted by emi_tulip at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お友達と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

画伯作品集

久しぶりにブログ更新!
最後の更新から我が家にはビッグニュースが。

まずビッグニュース#1:
コウノトリがついに
ポコがずーっと欲しがっていた妹を運んで来てくれました!

もともと大のお世話好きのポコはミニママっぷりを大発揮。
ポコがいなかった頃のポコの子育て、
私どうやっていたのだろうと思うほどポコは手伝ってくれます。

ベビちゃんが泣いている時
私が抱っこしてもパパが抱っこしても泣きやまないけど
ポコが抱っこすると不思議なことに毎回泣きやむ妹。
今後はそんな妹のミンミンもよろしくお願いします。

ビッグニュース#2:
ポコが小学生になりました〜!
幼稚園より何百倍も楽しく通っているポコを見ていると幸せな気分になります。

そんな素敵なポコとかわいいミンミンと
楽しく頑張ってるママとパパを今後もよろしくお願いします。

というわけで、本題へ。

年長に入ってから、ポコは
パパが持っている手塚治虫のブラックジャックのコミックを
パパに音読してもらって
すっかり手塚ワールドにはまり
かなり高尚な物語を堪能しています。

そんな中、先日、
手塚作品によく出てくる「ひょうたんつぎ」を
パパと二人で記憶だけを頼りにどっちが上手に描けるか競争しよう
ということで
二人の画伯が
o0106015311128169196.jpg
を描くことに。

まずはポコ画伯作品をどうぞ。

CIMG5649_.jpg

・・・さすがポコ画伯。
観察力&記憶力に優れておる。
あまりに上手すぎて、ママもパパもびっくり。


ではここでパパ画伯の作品をどうぞ。




どん

CIMG5650_.jpg





なにこれ。
古くなったてるてる坊主か?
それにしてもひどい。

あまりにもポコの作品が素晴らしく、パパの作品がおかしかったので
今度はママのリクエストでピノコ
CIMG5661_.jpgを二人に描いてもらうことに。


まずはポコ画伯作ピノコ
CIMG5648_.jpg

お〜さすが。
かわいいし
髪型もよく覚えてます。



さて、気になるパパ画伯作ピノコは・・・



どんどん
CIMG5652_.jpg


なんじゃこりゃ。
もはや人間ではない。
ピノコじゃなくてキノコ


そんなパパを不憫に思ったのか
ポコは、パパが絵を描いた用紙にこんなメッセージを書いてました。
CIMG5653_.jpg
でもパパじょうずだよ

小一になぐさめられる父。


では最後にポコ画伯作あっちょんぶりけ

CIMG5663_.jpg
けっこうリアル


おしまい
あっちょんぶりけCIMG5655_.jpg
posted by emi_tulip at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

6歳

ポコ嬢、ついに6歳になりました!
もうすぐ小学生!
時が経つのは早いなぁ。
ランドセルも買い、見た目の準備だけが着々と進んでおります。
ということは中身の準備がまだまだということで。。。

一昨日の話。
ポコは月曜からちょっと風邪気味なので
お医者さんからもらった粉薬を毎朝晩飲んでます。
まだ袋に包まれてる粉薬をポコがシェイクして
粉でできる色々な形から想像力を使って楽しんでいたときのこと。

「ママみて〜これなにかににてない?」
と言われた形が、
お誕生日にポコがパパからもらったアニメ映画のDVDに出てくる
生贄を食べるアステカの守り神に似ていたので(これだけ聞くとパパの「子供向け映画」に対する解釈を疑うかもしれないけどポコはこの映画、大のお気に入り)
「生贄の守り神だ」
と言ったら

「いけめん でしょ」

と言われた。

・・・・・・。

いけにえ・・・いけにえ・・・いけ・・・にぇん・・・いけねぇん・・・いけめん・・・
イケメン守り神。
だいぶイケニエと解釈が違います。

全国の女子が是非この守り神に守ってもらいたいでしょう。
恐らくポコも。


その後、何度か
ママ:「イケニエだよ」
ポコ:「イケメンでしょ」
マ:「イケニエだってば」
ポ:「え〜イケメンだよ〜」

を繰り返して
ようやく

「イケメンまもりがみ」

がポコ嬢の6歳の脳から削除され

「イケニエまもりがみ」

へと変更されました。

というように、たまにびっくりする勘違いが多い6歳ポコ嬢だけど
だいぶお姉ちゃんになりました。
最近は毎週金曜に幼稚園から持ち返ってくる
自分の上履きを週末に洗ってくれるし、
誕生日にプレゼントしたディズニープリンセス子供用包丁で
夜ごはんのお手伝いもしてくれます。
すてきよ〜ポコ。

そんなポコの「6歳になってどうですか?」という質問に対する回答はこれ→

「うれしい」

なんか毎年変わらないような。。。
でも年をとって嬉しいことはいいことです。
どんどん素敵なお姉ちゃんになってね、ポコ。

131116_100845.jpg
上履きを洗うポコ
ラベル:誕生日
posted by emi_tulip at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
ポコ帰省 by ポコママ (08/21)
かわいい子には旅をさせろ by s. (08/11)
ポコパパの嬉しいこと by ポコママ (06/09)
ポコパパの嬉しいこと by s. (06/09)
考えごと by s. (05/26)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
過去ログ
2020年05月(1)
2019年11月(1)
2019年08月(2)
2019年02月(1)
2018年03月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年08月(1)
2017年01月(1)
2016年12月(3)
2016年09月(4)
2016年07月(2)
2016年06月(1)
2016年05月(1)
2016年04月(2)
2016年02月(1)
2015年12月(1)
2015年08月(5)
2015年06月(1)
最近の記事
(05/02)祝6歳
(11/10)釣り雑誌
(08/05)しりとりは難しい
(08/04)ミンミン五歳
(02/09)ほぼ一年ぶりの更新
検索
 
タグクラウド
カテゴリ
日記(85)
結婚(8)
寝言(5)
だじゃれ(2)
(4)
旅行(9)
誕生日(6)
アート(5)
お友達と(2)
パパ(14)
ママ(22)
言い間違い(13)
記憶(1)
姉妹(7)
ミンミン(25)
ポコ(0)
RDF Site Summary
RSS 2.0